ボンクラで障害持ちな私なので両親が死んだら野垂れ死に確定と思うけど、どうにか生きています。

反吐をぶちまけます。コメント返しは気まぐれ。2020年9月02日にHN変えました。2020年12月9日にブログ題名変えました。

女男の友情なんて色々な意味で成立せんわな

 

 

 

asupara1.hatenablog.com

 

 

モソに関してはシンガポール人がモソに住んだことを書いた書籍で、とある持ち寄り宴会で夕暮れから始まり女性たちが料理して飲んで歌って食べて深夜12時まで騒いだら、ちょうど国際女性デーなので、モソは「女の国」なので国際女性デーを大事にしてお祝いして明け方まで最長12時間におよぶパーティをしたことがある…書いてあり

 

「モソ女性たちは女同士でいるのが心の底から好きなのだ。モソ女性にとって夜遊びとは女同士で飲み明かす事」

 

という内容の文章がありましたが、これを踏まえると結局は男友達(笑)を作りたがるのも「男といた方が楽~」とかいう自称サバサバも結局「オスに価値をおいているだけ」なんでしょうね。

たまーに座持ちの良いオスを女性がつれてくることもあるみたいですが。

私は米国で漫画家になったミサコ・ロックスさんが欧米では女男の友情が成立するのが普通とかいていたけど、女男平等に近づけばそうなのかなとおもったけど、最初から家の跡継ぎが娘で女性が政治の権力を握ってるモソは女同士でいたがるんだから、これも違うんですね。

 

あとモソでは誕生日は祝わず、春節がきたら一歳年を取る計算になるそうです。どうしてかというと「女の国」なのだから、誕生日は母親が命がけの陣痛と出産で苦しんだ日。なので母親がそんな命の危機に陥った日は祝わない、という理由からだそうです。

 

そういえばよしなが大奥みたいに女男逆転で女性からのセクハラ(笑)とかかいて女性を積極的に悪者にしてるけど、別にモソでそんなのおきてねーぞ。

あと

 

 

西洋化の影響を受ける前のラダックの話ですが、女性が権力にぎってるけどそんなんねーぞ。なので日本人が想像する女男逆転って大間違いだな。