ボンクラで障害持ちな私なので両親が死んだら野垂れ死に確定と思うけど、どうにか生きています。

反吐をぶちまけます。コメント返しは気まぐれ。2020年9月02日にHN変えました。2020年12月9日にブログ題名変えました。

オスって平気でこういう事いうから、女性が「イケメン」だの「顔が良い」と発言するのに躊躇しなくていいよね

とこじ on Twitter: "次男が「逃げ恥はフェミに媚び売ってる」ってw

長女が、「フェミってなに?」

次男「ブスも美人と同じ扱いをしろっていうブスのこと」

長女「そうなんだ…」

俺(上手いこと言うなあ…www)"

 

女叩きで反フェミニストとしても定番で旧いし、それ100年前からやってるから…。

 

テロリストと呼ばれた女性たち - サフラジェットが戦い、遺したもの - イギリス女性参政権運動の歴史 - 英国ニュース、求人、イベント、コラム、レストラン、ロンドン・イギリス情報誌 - 英国ニュースダイジェスト

 

ミソオスのやることなんて100年前から変わらん。というか古今東西そうでしょうね。

疑問なのは平気でこういう事をしておいてなぜか「イケメン」という単語には発狂する上に「ただしイケメンに限る!」だの「外見で判断する女は醜い!」だの「ミーハー!」(※意味、違うし…)とかいってるのは何故なんでしょうね。

散々女性差別や容姿差別や年齢差別や迫害をしてきたオスに、イケメンという言葉や若いイケメンがちやほや(笑)されるのを非難する資格はないわ。

 

顔だけじゃ好きになりません 1巻(最新刊) |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

 

↑とか、アナと雪の女王ベルサイユの薔薇も大奥もツイステッドワンダーランドの冥婚イベントもなぜか美貌も地位も兼ね備えた女性がなぜかさえないブ男に「中身」で選んで惚れろ!だの結婚しろ!というクソ説教な内容だった。

で、普段「女は現実的。これだから女は」とかいってるくせに、ツイステの冥婚は「夢見ないで現実みろ!」とかクソ説教してる矛盾な。どっちだよ。

そもそも大奥ってオスが女性に選ばれるように着飾ってお洒落をしているんだから、着飾ったイケメンを選ぶのはおかしいことではないのでは?

しかもオスなんてそこそこ目と鼻と口がくっついている顔で「俺イケメン」とか「イケメン目当て!」とかいってるから気違いとしか思えん。

 

 

こういう事やってるオスは「“女”優目当て!中身見てない!」とか言われないから謎でしょうがない。

 

 

やっぱ名誉オスとオスの審美眼(笑)おかしいわ。どう考えたってブスオスじゃん。

私はフィギアスケートの羽生選手も国内外で王子様とかもてはやされるのはおかしいっておもってたわ。女だったら確実に「外国の男に人気な女はブ〇w」とか言われる顔だろあれ。あと目が細いのを笑いものにする目の端を引っ張る仕草もやられそうな顔じゃん。あと確実に女だったら「ぶりっこ!」とか言われてるだろ。ちんこ特権だよなぁ。私はどこが王子なのか最初から全然わかりません。そこまでもてはやす価値あるか?

ちなみに私がそう思うのは両親から「人間として」育てられたからでしょうね。

 

「おかしいと思った時はしっかり自己主張しろ」

「愛想笑いするな。うっかり男に愛想笑いしようものなら最悪付きまとわれて殺されるぞ」

「怒りの感情は大事だ」

「腹から声出せ」

「正座は足を痛めるからあぐらか足をのばしなさい」

「金さえあれば男は必要ない」

 

↑こういう育てられ方しました。

日本…というかこの世の女性の正反対の育てられ方しましたね私。

そういえばめーろま氏はネトウヨで名誉オスだ思ってるけど、移民や多様性は反対したほうがいいってのは賛同してます私。

 

週刊プレイボーイ 2020年 8/10 号

https://www.amazon.co.jp/dp/B08CMF5KX2/ref=cm_sw_r_tw_dp_TVB90MGG055C654MEK54

 

こういう特集組んでもオスがごちゃごちゃ言われなくて楽でいいな。

 

 

で、結局オスがイケメン俳優好きとかイケメンキャラが好きならだんまりか寛容、あるいは「男性様に認められた!箔がついた!」ってなるんだろ?

 

↓これとか。

 

 

 

 

ポン・ジュノ監督については「イケメン好き」とかいっても「ルッキズム―!」とか「顔ファン」とか言わないんだぁ…へぇ…って感じ。

いや、私は女も男もイケメン俳優好きとかイケメンキャラ好きだったり、オスが“”女優目当てでもなんともおもってなかったよ。でもオスだけがやたらもてはやされたり悪く言われなかったりすると「は?!」ですわ。

 

オス様の「自由」と「解放」の天井知らずさにチンコ権力を感じますわ。

 

ぐらんぶるの男作者は実写化した時の取材で

 

>>「実写化してイケメンの股間を見るんだ!」
ぐらんぶる』の構想段階から抱いていた、僕の純粋無垢で――青年誌で連載する作家の誰もが抱く大きな夢。それがついに叶う時が訪れようとしています」

 

っていってたぞ。これに関しては「ルッキズム―!」だの「イケメン目当て!」とかほざくオスと名誉オスは勢いよく非難しないの?しなかったら矛盾だからな。

 

結局「正しいファン(笑)」とかじゃなくて単純にチンコの有無なんだよな。

まぁ女性でも叶姉妹ぐらいになれば似たような事いえるんじゃないかと思うけど…というか「グッドルッキングガイは空気清浄機。視界がいい」とはいってたね。

 

そういえばオスってお手軽に「イケメンがどうの」とかツイートしていたり話ているよな。オスってイケメンキャラや俳優(三次元のオスの俳優はいうほど大した顔ではない)に色めき立つ女性には「イケメン目当て!中身見てない!」だの自己投影してネチネチ女叩きするくせに(お前らオスがさんざんやってることだし、それの何が悪いんだ?と私は素で思っていた)同じ口でイケメンキャラやイケメン俳優にときめいたり、あるいはイケメンキャラや俳優にときめく男にはだんまりか寛容だから矛盾しまくりで心底うざい。