ボンクラで障害持ちな私なので両親が死んだら野垂れ死に確定と思うけど、どうにか生きています。

反吐をぶちまけます。コメント返しはしない時もあります。2020年9月02日にHN変えました。2020年12月9日にブログ題名変えました。5chやまとめサイトでこちらのブログを晒すのは禁止してます。すっかり男と名誉男に疲れている女性の為の場所です。なので男と名誉男はお断り。

白人至上主義のオスによる襲撃より酷い日本の女性差別

 

 

かつてのフォロワー(今はブロックされてる)は小学生の頃にドイツに暮らしていたんだけど、ネオナチスの男に襲撃されたことがあるってツイートしていました。

 

あと近所の白人イギリス人に「イエロー!」と言われてライターに髪の毛で火をつけられたこともあったとツイートしていました。

 

ちなみに日本へ帰国して日本の学校に転校した初日に日本の女性差別に酷さに「ドイツに戻りたい…日本で女をやるのは過酷すぎる」と思ったそうです。

 

ネオナチスの男の襲撃や、白人イギリス男にライターに髪の毛で火をつけられて焼き殺されそうになった事より日本の女性差別が酷いってよっっぽどだぞ。

でもどちらも周囲の白人ドイツ人が助けてくれたっていってました。そうなんだよねー。日本と違い女性差別や人種差別は「建前」でも抗議したり助けてくれる人(女男両方)がいるからまだいいんだよね。日本はそれすらないから。

 

私はこの世のオスは全て白人至上主義ならぬオス様至上主義だと思っていたんですが、白人至上主義の白人オスより日本男児女性差別は酷いって証明されちゃいましたね。

 

 

そういえば東洋人が西洋で黒人より下に見られるのは、東洋人はまじめで礼儀正しくて怒って抗議しない上に愛想がよくて背が低くて体格が貧相で「舐められてる」と言うのはよく聞きますね。なのでアジア人ももっと怒ろうキャンペーンを華僑を中心に何年も前からやっていますが、怒って抗議しないと永遠に舐められるって「人種」なら理解するのに「女性」になると理解できないんですねぇ。

その中でも日本人は片言英語でも日本語でも抗議しないので、80セントの切手なのに1ドル請求されたりするんですよね。

なので友人が米国で絵ハガキを出そうとしたら1ドル請求やられそうになったけど、英語で「高いんだけど!」と怒鳴りつけたら80セントに戻りました。これも日本で散々女性がやられてることですよ。舐めてまくり別しまくりなくせに金とるときは「平等」か平等「以上」っていうね。

 

これ言うと身バレの可能性大だけど、私もいい年な上にコロナ禍なのでいつ死ぬか解らないので記録に残しておきますが、両親が西洋のとある国に留学したとき、英語が母国語ではない白人ですらない外国人なので思い切り舐められて、同じ部屋でも白人より高い家賃とられそうになったので、両親はすぐさま英語で怒鳴りつけたら白人の不動産屋が驚いた顔していたそうです。まさか英語で言い返すとは思っていなかったんでしょうね。

あと白人の友人を連れて行くと態度が変わるんだよっていってましたけど、それ日本で散々女性がやらされていることですが…とは思う。

男にとって留学する事の最大の意義は「差別される側」の立場を味わう事ですね。

 

だって私の父、留学中に白人至上主義の男の標的にされかけて命の危機になったのですぐ引っ越したことあります。

正確には父が留学中に住んでいたご近所で、不法入国の移民20人近くが殺害されバラバラにされて埋められていたのが発見され、犯人が白人至上主義の男達だったので父はすぐ引っ越しして逃げたという話です。

純白人以外(ユダヤも含む)の人種は殺してバラバラにしても罪悪感を感じない、むしろ「正しい行い」と思っている白人至上主義の男たちがご近所に住んでいたら怖いわ。いつ標的にされるか解らんし。

で、引っ越そうとしても白人の不動産屋に思い切り舐められて引っ越し難航するというね。