ボンクラで障害持ちな私なので両親が死んだら野垂れ死に確定と思うけど、どうにか生きています。

反吐をぶちまけます。コメント返しは気まぐれ。2020年9月02日にHN変えました。2020年12月9日にブログ題名変えました。

私が今まで見聞きしたそれぞれの国や時代には、それぞれの国に合わせた男尊女卑があるという実例たち

 

 

・南アジアでは機織りは男の仕事だが、その理由はもうかるから。すると女性は糸紡ぎ

くらいしか許されない。

 

・西洋の中世では外科医や婦人科医は女の仕事だけど、その理由は「刃物で人間を切る野蛮な仕事は男らしくない。内科医こそ男らしい」という為。

 

・もともと古文などの文系は男らしいとされていたが、女性が多く参入したために前ほど評価されなくなった(ケイト・ミレット「男の策略」という本より(確か未翻訳)

 

・科学者の地位が低い国ほど、科学者の女性の数が6~7割多くなる

 

イスラムではコーランの関係で文系こそ「男らしい」とされているので、理系が「劣ってる」とされているので理系に進む女性が多い。

 

・日本の江戸時代と海外のとある部族(名前を忘れた)では育児は「男の仕事」だが、その理由は「人間を育てる重要な仕事など、愚かな女には任せられない」との理由から。

 

・ちなみに江戸時代から明治初期まで介護も「男の仕事」だったみたいですよ(うろ覚え)(ちなみに女性がやることになったら介護の価値は下がりました)

 

・とある国では学問なんて「男らしくない」との理由から、大学生はむしろ女性が多くなる。

 

・インドで物理学と生物学はもうからないので、物理や生物に進む女性が多くなる

 

 

↑私が覚えているかぎり、大体こんな感じです。

共通して言えるのは、世間から「評価されてる」ことになると男は無いよう関係なくしゃりしゃり出てきて乗っ取ることですね。

あと女性向けとされていたものが評価されたら乗っ取る。女性が参入したら評価が下がる。全てに共通しています。

 

なので前に産業革命の時にドイツの工場に女性が参入したらドイツオスが「給料がさがるー!」とかいっていた実例がのっていた本をよんだけど、それはお前らオスがタダやタダ同然ででこき使ったのが原因じゃねぇの…?とは思ってます。

 

そういえば介護も古代エジプトは娘が家と財産を受け継ぐので介護は女の仕事だったみたいです。あとイスラムイラン映画「別離」でも描かれたいたけど、イスラムなので着替えさせたり風呂トイレ介助をするので、同性の方が良いだろって感じみたいです。