ボンクラで障害持ちな私なので両親が死んだら野垂れ死に確定と思うけど、どうにか生きています。

反吐をぶちまけます。コメント返しは気まぐれ。2020年9月02日にHN変えました。2020年12月9日にブログ題名変えました。

オスは心底うざい

 

極主夫道 6巻: バンチコミックス

極主夫道 6巻: バンチコミックス

 

 

オスって天井知らずで厚かましいな。

女性が土俵にあがれず、女人禁制にも「伝統だ!文化だ!」と男はわめくくせに、婦人会に「男も入れようと思うの」とかいう話を「男が」描いているのが心底厚かましいなって思う。

 

極主夫道は大して面白くないけど、海外で賞とったのって確実に鬼滅の刃みたく外国人のオリエンタリズムに合致してるからだろうとは思ってる。

鬼滅の刃みたく日本刀やら着物やら大正時代もオリエンタルリズムなら、極道だって西洋から見たオリエンタルリズムっていったらオリエンタルリズムだわな。

海外とかに受ける漫画を描きたいなら、日本刀だの着物だの芸者だの極道だのを描けば話そのものはつまらなくても人気出ると思います。