ボンクラで障害持ちな私なので両親が死んだら野垂れ死に確定と思うけど、どうにか生きています。

反吐をぶちまけます。コメント返しは気まぐれ。2020年9月02日にHN変えました。2020年12月9日にブログ題名変えました。

移民はやめたほうがいい

 

 

 

 

 

一巻だけ無料で読めるので読んでみても、挨拶ですら国によってこんなに違うのだから、男の移民が(性)犯罪をしなくても移民を大量に受け入れたイギリスとかカナダとかドイツとか北欧とか多国籍多人種の国でもめ事が起きるの当然ですわな(ちなみに、問い合わせしたら電子書籍のみで紙では発行されてませんでした)

移民、やめたほうがいい。

 

 

めいろまは昔は日本の事をザパンといっていたり、日本の女性差別の酷さに文章をかいていたけど、今はネトウヨ化して名誉男性になったなぁ。なんか名誉オスは判子のように「男だって養われたい」だの「男女平等なら女も戦争に行け」とかミソオスと同じ事いうよな。とっくにやってますよ。

めいろまも飯山陽も私は大嫌いだけど、移民反対とイスラム教の紹介については賛同します。

 

日本でまっさきに移民に反対していたのは、たぶん1998年に発行された「イギリス人はおかしい」シリーズの高尾慶子さんなんだよな。

 

「移民は止めた方が良い」

「移民が来てからイギリスの街は汚くなった。移民はゴミを散らかす」

「移民は稼いだ金を故郷の仕送りに使うので国の経済発展には繋がらない上に、いとこだはとこが次々呼ぶ。移民を年を取るし老後の福祉も考えないといけない。移民労働者は機械のように使い捨てにはできない」

福祉国家にできないのは少子化のせいではない。イギリスや北欧は日本より人口が少ないけど福祉国家になってる。そうじゃないのは日本の(男の)政治家が無能だからだ」

少子化はいいことだ。人口が少なくなればあの途上国の貧困街と変わらない街並みを整理できる。女は子を産めといった橋本首相の世迷言は無視してよい。自分の無能を女のせいにするなんて」

「子供が増えても馬鹿が増えるのはよくない。イギリスじゃ子供はうんといるがどれもこれもFUCK!FUCK!と叫んでいる。こんな人間増やしていいのかね」

 

こういってましたね。

高尾慶子さんの「移民は止めた方が良い」って賛同するんですよね。私も前は移民賛成だけど、今は反対した方が良いと思ってます。

この人の本はいまとなっては目新しくもないし、ブログやSNSで見れる程度の内容だけど「内容そのもの」を批判するならともかく、高齢女性だということでネチネチ年齢差別や女性差別を交えてくるオスの女叩きにうんざりするんだよな。

「イギリス人はおかしい」がいちばんよかった一発屋ということには私も賛同しますが。