ボンクラで障害持ちな私なので両親が死んだら野垂れ死に確定と思うけど、どうにか生きています。

反吐をぶちまけます。コメント返しは気まぐれ。2020年9月02日にHN変えました。2020年12月9日にブログ題名変えました。

イギリス人はしたたか

 

 

 

イギリス人はしたたか (文春文庫)

イギリス人はしたたか (文春文庫)

  • 作者:高尾 慶子
  • 発売日: 2002/11/08
  • メディア: 文庫
 

 

 

私が読んだのは単行本のほうだけど。

「日本男はなぜ嫌われる」とはっきり書けることに好感がもてます。

 

>>「日本人の、とくに男性の精神的な幼さは、むろん養育法に決まっている。日本の母親の男の子の盲目的な甘やかしは、もうじつにどうしようもないものである。日本男性が同法女性に向かって言う「女のくせに」という言葉には、女性に対する嫉妬と、日本で家庭で男として甘やかされてきた証拠がみてとれる」

 

とありました、が、よく男に媚びずにここまでかけたなと思います。この人は名誉男性だけど、名誉男性でもはっきり言える名誉男性がいる。

なんかこの人は男みたいだなと思います。あとブログやSNSが発達した今では大して珍しくもない内容ですが、まぁ中身空っぽでも女叩きすれば売れる世の中、まぁいいか。

で、批判するなら「内容そのもの」を批判すればいいのに、関係ない「女である」ということや年齢を持ち出す(特にオス)からオスはゴミなんだよな。ほんとだまってろよ。オスに批評や評論、審査も仕事も向いてない。