ボンクラで障害持ちな私なので両親が死んだら野垂れ死に確定と思うけど、どうにか生きています。

反吐をぶちまけます。コメント返しは気まぐれ。2020年9月02日にHN変えました。2020年12月9日にブログ題名変えました。

イスラム圏の漫画もろもろ(12/10にちょい文章書き足し)

 

 

記録がわりに。

 

 

 

 

有名どころはこれ。本屋で一度は見たことあると思う。

ちなみにトルコのお茶会でトルコ語が解らない作者が手持無沙汰なので「私にもできることは…?」と聞いたら「貴方はお客さんなんだから座ってて!」と止められる場面があって、なんやかんやトルコ以下だよな、日本。

あとトルコ人の甥とか誕生日なのに飲み物用意したらお酌したり給仕したりマメに動いているから、日本はトルコ以下だよな…。実際にトルコ男はやらない人もいるけど、マメに動いている。

実際に中央アジアイスラム男性と婚約した日本人がいってたけど「毎日遊びに来てるんだから、僕の部屋も同じだよね」と遊びに着た瞬間に掃除を始めたとあって、日本以下や。

アラブ男性は「女らしさの役割も押し付けるけど、男らしさの義務と責任は果たす」って感じ??トルコはアラビア圏じゃないけど。

けどなんやかんや作者は名誉男性なのであんまり読み返す気なくす…。

 

 

わたし今、トルコです。 (ビームコミックス)
 

 

 

同じくトルコ漫画。この人、もう一冊トルコ漫画だしてます。

「男らしさの義務と責任は果たすよ」という感じなので、女性に一円もお金を出させない所は日本オスよりマシ。

で、トルコも5ちゃんのような匿名掲示板を事故や災害が起きたら真っ先にみるので、日本もオンラインでつながってるので「日本人は韓国人や中国人が嫌いでしょ?」とトルコ人に言われた話とか描かれていたけど、じゃあ日本の女叩きとかどうおもってるんだろ…と思いました。確実にそれも見てるだろうし。

でもこれが「日本の普通」と勘違いしてそう。所詮外国人の男もバカで偽善者だから。

 

 

 

世俗化しているトルコと違い、敬虔イスラム教徒ばかりなパキスタン漫画。珍しい。

家に来た人に対して「日本の感覚のまま」作者が台所に行こうとしたら「貴方はマダムなのです。マダムならマダムらしく堂々と座ってなさい。台所の事は使用人に任せればいい」と富裕層のパキスタン人に止められた場面があり、日本はパキスタン以下や、と思いました。

ちなみに何年か前にイスラムのテレビ取材で、正面玄関から入れるのは家族の女性と客の女男で、裏口から家族の男がはいってたんだよなー。ちなみに飲み物お菓子食事を用意するのも家族の男性とメイドの仕事で、家族の女性は会話を楽しんでる…と日本と真逆や。

 

 

旦那さんはイラン人

旦那さんはイラン人

 

 

 

↑話も絵もつたないですし内容はそれほど濃いわけではないので、中古でかったほうがいいです。

慰謝料の純金の重さに対して「自分の体重」と契約書に書き、結婚してから太りだすイラン女性は結構狡猾かも?と思いました。

 

 

 

イスラム男は日本男児並みにクソだと思った。でも「男らしさの義務と責任」ははたそうとするからまだいいというかなんというか。「良い男」ではなくせいぜいマシオスしかいない。

 

 

 

ヨルダンとかUAEが出てきますが…正直世界共通で男は怠け者だなと思うと同時に、こんな男が「仕事は男にとって大事」だの「男は仕事」だの言いだすと「死ね!!!!」と思いました。「お前ら男は大した仕事もできない無能なくせに、男は仕事がどうとかいってんじゃねぇ!」と怒りを爆発させた恩師の気持ちが解るわ。

 

 

……こんな感じですかね。サトコとナダはちょっと違うし、あれ個人的に好きじゃないです。イスラム教の女性差別を「差別じゃない!」とかいってる時点でお察し。

私もよくここまで見つけたなと思う。今までの人生で何回も「よくこんなの見つけてくるなぁ」と言われるくらいです。