ボンクラで障害持ちな私なので両親が死んだら野垂れ死に確定と思うけど、どうにか生きています。

反吐をぶちまけます。コメント返しはしない時もあります。2020年9月02日にHN変えました。2020年12月9日にブログ題名変えました。5chやまとめサイトでこちらのブログを晒すのは禁止してます。すっかり男と名誉男に疲れている女性の為の場所です。なので男と名誉男はお断り。

女の領域にくるオスって西洋に来た移民みたいだよな

 

 

イギリスはもともと福祉国家だったから、永住権が無い留学生も無料で治療していたけど「イギリス人が海外へ出ても無料で治療できるわけではないでしょう」と止めにしたんだけど、私が男を助けないのはそれと似たようなもん。

 

あと女性向けにくるオスってイギリスにやってきたイスラム移民みたいなものだよな。高尾慶子さんのイギリスエッセイでイギリスにやってきたイタリア人が

 

「人種差別だといわれてもモズレムの連中だけは許せない。

モズレムはキリスト教の寛容さだけ利用してキリスト教と同化しようとしない。そのくせ自分たちの国に外国人がきたら絶対自分たちの慣習に従わせようとする。西洋の女にもほっかむりを被れとかいったりさぁ。

モズレムの女だって西洋の女がきないようなスパンコールの服をきちゃって、モズレムの男もイギリスではお酒飲んでるのに、母国へ帰ったらお酒飲んでないという風にお祈りしてるんだよね。あんな偽善の宗教はないって。

寛容は良いけど飲み込まれてはいけない。飲み込まれそうになってナショナルフロントが抗議したら人種差別だと言われて手も足も出なくなってる。フランスはどんなに人種差別だと非難されようがフランスは白人の物。フランスに来たからには移民はフランスのやり方に従ってもううと宣言してるのは立派だと思う。それをしないイギリスは飲み込まれてしまった。フランスがフランスのアイデンティティをなくしたらフランスは魅力のある国ではなくなってしまう。この国で何時までも外国人扱いされていい。バーバリーのマフラーやルイヴィトンのバックがあるかと思ってこの国へやってきたのに、モスクから聞こえてくるコーランの声が大きいなんて、何のためにきたんだろう」

 

 

うろ覚えだけどこんな感じ。今から20年くらい前にもうこういう風に今の移民問題の指摘をしていた人がいたんだよな。

私の中で女性向けに来るオスってこんな感じなので、フランスが移民にたいしてするように「女性向けなんだから女性のいう事に従ってもらう!」と宣言するくらいでちょうどいいと思うんだよな。オスを歓迎してちやほやしたらつけあがられて乗っ取られるのは古今東西の歴史が証明してる。