どうにか生きています。

反吐をぶちまけます。コメント返しは気まぐれです。2020年9月02日にHN変えました。

思い出した事そのままメモがわりに書く

 

 

・西洋の婦人科ってもともと中世の産婆の技術を元にしたんですね。

しかし女には医者にならせないくせに、男が産婆になりたがり、男産婆を快く女性たちは歓迎して教えたが、産婆の技術を元にしてた婦人科の技術は産婆には教えず、しかも産婆を女性がなる事を禁止し、収入の道を断った…と。

つくづくオスはクソだし、女性が社会進出したら男の席がなくなる!とかいいながら、男は女の席を奪っているくせに、ますます女の席を奪うんですね。

 

・あと日本で最初のイタリア料理人は女性ですよ。偶然ブックオフで彼女の伝記(?)を発見。大正時代にイタリアに転勤した日本人夫婦に住み込み女中としてイタリアへ渡り、そこでイタリア料理を学びました。そして当時(今も)アジア=中国人なので彼女は中国人に間違われたり。

日本に帰国して弟子を育てるんだけど全員男なんですよねー。なんかうんざり…。

普段見下している女性から技術を教えてもらうくせに、さらに学んだ男達は弟子の女性は育てないという。女性が女性を育てるのではなく、男を育てるのがうんざり。

それでイタリア料理で男がでかい顔してるのをみるとうんざり。

ちなみにこの伝記は手放してしまった上に、彼女の名前も忘れてしまったので闇の中です…。

私がこうやって書かなきゃ知らない人大勢いると思う。こうやって男のせいで消された女性の存在、沢山あるんだろうな。これだからオスは。