ボンクラで障害持ちな私なので両親が死んだら野垂れ死に確定と思うけど、どうにか生きています。

反吐をぶちまけます。コメント返しは気まぐれ。2020年9月02日にHN変えました。2020年12月9日にブログ題名変えました。

今の日本みたいだな

 

 

 

 

 

こういう本を見てると、日本とヴィクトリア朝のイギリスって似てるなと。彫刻家ケイト・ミレットも「1960年代の日本はヴィクトリア朝のイギリスとよく似てる」っていってたし、黒執事とかコルセットに翼とかエマとかヴィクトリア朝を舞台にした漫画を読んでてもすごく感じる。

 

低賃金で教育を受けれないのに、そのくせメイドして稼いで丸まるお金を仕送りしてるんだよな。今の日本じゃん。こういうのを見てると「男の給料が高いのは家族を養うため」とか嘘くせーって思うわ。オスガキって仕送りしてたんか?

教育は受けさせない、まともな職は奪うくせに仕送りさせるとか。劣悪とはいえ住み込みで働いているから寝床と食事はあるけど、酷いのになるとゆで卵一つが食事とかあったみたいだしね。

っていうか年端もいかない子供を、劣悪な環境で長時間働かせるとか。これで女性差別を正当化するときは「女は弱い」とかいわれても「は?」なんだけど。

 

オスって厚かましく恥という概念がなく自己中で矛盾ばかり、心底うざい。

 

 

 

 

「女性向け」なのにアイシールド21の作者が原画(っていうのか?)を描いてて「は?」と思ったわ。

たしか何年か前のオンライン記事で読者の女性の要望や意見や感想について「少年漫画なのて、女性のいう事は聞かないようにしている(意訳)」みたいな事いってましたよね???

いや、正確には他のジャンプで連載している漫画家が暴露した話で本人が取材で応えたわけじゃないんですが…。案の定、オス共がちやほやしてるし。それで女性向けゲームの原画やるの?は??もうオスは死ねよ。

確実に過剰にちやほやする名誉オスが現れるんだろうな…あー、やだ。

まぁ「少年漫画だから~」とかいってるオスほど、女性向けにずかずか踏み込んで荒らしまくってそうな気がしますけど。

 

男って死んでくれないかな。

メモがわりに

 

 

 

 

 

この人のエッセイ本はまた読み直しています。

この人が祇園のホステスやっていたころ客の男は

 

「昼間の商売を忘れるために呑みに来ているのに、むずかしい政治や経済の話をするホステスなんか席に来てほしくない。男と女の艶話を聞きたいんや」

 

というので「ちょいと頭のいかれたアホを装うホステスが好まれた」とあって、お望み通りふるまっていたら「アホやからまともな昼の仕事につけん」とホステスを馬鹿にするのだ。

ホステスはオスが儲かるとか勘違いしているけど、結局ホステスは着物やドレスや客のツケでやめたくてもやめれない、と書いてあったのでそんなもんだよなーと思いました。

 

でも私の友人で一晩で100万うごくような銀座の高級クラブでNo1だった友人がいるんですけど、彼女は経済新聞読んでいたんですけどねー。銀座と京都の祇園のホステスじゃまた違うのかな?

友人はそこでNo1だったんですけど、ドレスとか髪型とか化粧代とか客のオスへの贈り物とかかかるのでNo1でもあんまり利益なさそう。

友人が店を移動すれば客も移動するので、それぞれの銀座のクラブの店長が友人の取り合いしたとか。友人のようなあんな完璧な顔と身体、そして抜群の社交能力でようやくNo1かよ…とは思いますけどね。

「身体売れば楽に稼げるから女はイージー」とかいうオスは、現実見えていないアホ

 

 

これだこれ

 

 

 

うろ覚えだったけど、元ツイートを確認できた。

 

魔女の論理は40年近く前だけど目新しい

 

 

 

魔女の論理 (女性文庫)

魔女の論理 (女性文庫)

 

 

 

 

 

 

 

「魔女の論理」で

 

「男は女があらがってもあらがわなくてもどちらにせよ気に入らぬという事だが、そういう身勝手な苛立ちがなぜ起こるかと言えばその男が特別に品性下劣だからなのではなく、単純に女は男に従うもんだという考えが無意識意識で染み付いているから」(要約)

 

ってありましたね。

 

あと石原慎太郎に対して

 

「女に男の世界は解らないというが、それは私もそう思う。それは石原慎太郎のように男の世界がご立派でも高尚だからでもない。単純に白人と黒人で生きている世界が違うのとおんなじ」(要約)

 

って書いてありました。この本おすすめですよ。あと「女が働くことは男女平等ではない」っていうのも。

日本女性、名誉オス多すぎ

 

陰湿オスオタみたいなので、晒したくないのでリンクは張らないけど、16年くらい前から追いかけていた同人作家が息子に鬼滅の刃に出てくる遊郭を「キャバクラみたいなもの」とか説明しててうんざりした。日本女性は名誉オスだわ。

 

>>「お客さんがお店の人に高いお金払って褒めてもらったり飲み物や食べ物を出して貰う店。」 「そんなのお母さんならタダでやってくれるじゃん」

 

↑文章だけリンクはったけど、小学生程度でクソオスになってるじゃん。オスを産むな。

 

世界共通で男はうざい

 

 

missfrance.ayapro.ne.jp

 

女性がミス・フランスを目指す定番のスポ根映画かと思っていたら、オスがミス・フランスを目指すと聞いて「は?死ねよ」と心の底から思いましたわ。見に行く前にしっかり公式HPで確認してよかったわ。

ミス・フランスの座までオスが奪うのかよ。男尊女卑、女性差別や強姦性暴力セクハラ女の手柄横取りまでしておいて。

ほんっと世界共通で男はうざいし、こういうのが「女性映画」としてKissという少女漫画雑誌で紹介されてるのが嫌なんだけど。

あー、絶対オスが女性から「女より綺麗」とちやほやされる場面あるだろ…。オスが女性の枠や席を奪うのが「多様性」なんですね。死ねよ。

フェミニスト自称していても「女の領域」にオスがずかずか踏み込んで荒らすのを歓迎して「多様性!」とかいってると驚く。

オスがずかずか「女の領域」に踏み込んで荒らす映画をつくるより、定番の女性がミス・フランスを目指して優勝する映画のほうがまだいいと思いますわ。