どうにか生きています。

反吐をぶちまけます。最近筋トレ始めました。コメント返しは気まぐれです

クレイジーリッチ見ました。

 

遅ればせながら、ネトフリックスで。

 

上流階級の世界は私は日本の上流階級ですが、身近に名家出身の友人がいるので大体は想像できますね。良くできた恋愛映画だと思います。

というかニック、家の事知られたくないとはいえ実家にかえるなら事前にレイチェルに教えてやれよ、と思いました。

ニックの家もシンガポール1の名家だわ、友人の結婚式だってテレビ撮影がきて世界中の人が集まる大金をかけた結婚式なんだから教えてあげればよかったのにと思いました。会場に相応しいドレスや靴を用意できなくて恥かいて笑われるのはレイチェルの方じゃん。実際にシンガポールの友人の家をたずねたら「もしかしてヤン家のニック?そんな恰好で行く気?」と言われてましたしね。

 

そして日本男児女性差別、賃金格差、セクハラも無くさない所か積極的にやっておきながら「女は下方婚しろー!」とか喚いていますが、まさにこの映画には「下方婚」した女性が出てきますが、最後には破綻していますね。夫の浮気で。というか夫の浮気の前に積み重なったものがあるとは思いますが。だって数百万するジュエリーを買ったけど、夫に見られないように隠していましたし。

その夫は妻の方が階級も資産も上な事に劣等感募らせているわ、浮気していたのが解っていた上にさらに息子の誕生日に予定をいれて出かけようとしている夫に妻が「物わかりのいい妻」を演じて冷静にしていたら「資産がある上に美人だから余裕があって俺を見下している!」とかヒスる。これ、浮気にすぐ怒っていたらそれはそれで悪く言っていただろって思います。

 下方婚したとしても末路がこれなので、女性はするべきではないですね。実際そんな感じですよ。私の身近を見ても。

 

レイチェルに反対するエレノアもただの悪者にしないのがよかったですね。

家と夫の為にせっかく入ったケンブリッジの法学部を中退、姑に長い間認められず苦しんできた。「中国人だけどアメリカ育ちで考え方が完全にアメリカ人の貴方に同じ事が出来るの?」って事で。

 

後ニックはレイチェルに対して「君は僕の家の事を詮索しなかった。そんな人はいなかった」とかいってるけど、バチェラーパーティで出ていた男が女の人の家柄や資産などを値踏みしていたんですが、それはいいんですかね?

男が女の資産や家柄を値踏みするのは金目当てじゃないし大目にみるし寛容だけど、名家の女性が庶民の男と下方婚して、男が上流階級の女性と結婚するのは純愛(笑)で女が金持ちの御曹司と結婚しようとすると男も女も「金目当て!金目当て!」と非難するという。アホらしいわ。

 

ニックはなんだかんだいって甘ちゃんの坊ちゃんだなと思いました。

続編出るみたいですけど、どうするんですかね。