どうにか生きています。

反吐をぶちまけます。最近筋トレ始めました。コメント返しは気まぐれです

男の方が金と打算で結婚してるじゃん

 

古今東西の資料とか現実の芸能関係の結婚ニュースとか身近な結婚を見てもそうだとしか言えないんだけど。

 

 

 

 

 

男って陰湿で図々しく厚かましいですよね。

だって散々「女は結婚して夫に養ってもらえればいい」と低賃金を正当化するわ、「女はどうせ結婚するから」と学歴つけさせてもらえないのに、そんな女に若さや外見に家柄金家事育児介護まで要求する男の厚かましさにゾっとする。

というか、余計に絶望するのはそんな男を誰も非難しないことですよね。男は「羨ましい!」だの言い出すし、女も寛容かだんまりで非難しても声が小さいから、腹の立つ。

せめてどっちも同じ勢いで非難するか、どっちも同じ勢いで非難しないか、せめてどちらかにしたら?と思うんですが。

 

なんか話は変わるけど実写アラジン見たけど、アニメ時代から凄く好きで、映画館で見てビデオ買って、続編のジャファーの逆襲、最終章の盗賊王伝説も発売日に買って、テレビ版も見てたくらいなんだけど、結局話はアラジンは貧困街の盗人が王女に惚れられて、金と地位と愛を全て手に入れた話ですよね。ジャスミンのメリット無し。アラジンは実写も含めて顔はいいけどさー。

そんな話を実写アラジンでジャスミンに対して「頭の良い所が好き」とか言ってて、フェミニストが誉めていたんですが、実写小説版読んでもアラジン、ジャスミンの若さと美しさに惚れてるから、頭が良くても若い美人じゃなきゃ惚れねーよ、と思っています。

正直「頭の良さ」で褒められるより、不細工でもあるいはインサイドヘッドの主人公みたいな平凡でも女性が主人公やってる方がフェミニズム的だと思うんだけど。

なぜかフェミニストは一般庶民の美女が金も地位もある王子様に見初められるクラシカルディズニーより、主人公はアナと雪の女王みたいな生まれながらに王族で美貌もある最初から強者に変貌するわ、王子様は金も地位もないもさい山男のクリストフになるわ。そっちを褒め称えるんだろうな…。

だったら前にエッセイで読んだイギリス貴族みたく貴族で長身美女美男同士で結婚するか、映画シュレックみたく王女も怪物になって怪物同士で結婚するほうがまだ心は安らか。

 

そもそも古今東西、どんなに女性差別が酷くても女が稼いだ金を暴力で奪うとか、貢がせるとか、だまし取る男なんてうじゃうじゃいますよね。そんな男は非難されず、騙される女が「見抜けなかった方が悪い」「騙される女がバカ」「バカ女」とか言われるんだから、男と関わりにならないほうがマシというか。

あるいはだめんずうぉ~か~は男の感想で「こんな尽くしてくれる女と付き合いたい!」「ここに出てくる男はクズだけど勝ち組!」とかいってて、さらに「寄生女の見分け方!」とかやってて、凄く男に失望しました。

こういう男は「金目当て!金目当て!」と非難されない男社会にも絶望します。

逆に女は男に金目当てで近づかれても喜んじゃったりするんですよね。 

 海外でもそれは似たようなもので、とあるフランス在住の日本人のアカウントで、フランスとかも女性差別解消が進んでいるけど、女性が金を稼ぐようになったので、男は女に若さや外見や家事育児妊娠とさらに「金目当て」が追加され、近づくようになったと…。

なんつーかフランスは女が金稼ぐようになると若くて金無い男は「稼いでいるから」っておばさんに近づいて、それで金も家事も世話してもらって、自分が金を稼げるようになったら恩を仇で返してさっさとポイ捨てして、若い美女と交際するとか、男のクズ度があがってません?

あるいは高収入の女性と暮らして生活費も家事も全部面倒みてもらって、自分の収入は全額お小遣いにして贅沢な暮らしをさせてもらいながら、妻に感謝せず若い美女と金と地位が判断されない「純粋な動機」とやらで遊ぶんですよ。アカウント主も「空しくなりません?」と書いていたけど、ほんとそうだよなー。

あと屋台でピザ出してた兄さんが、検事の女性と結婚して屋台畳むことになったけど、そういう話はみんな良い話として褒める。けどレジ打ちの女性が医者の男性と結婚してレジ打ち辞めたら男だけじゃなくて女からも陰口どころか面と向かって色々言われますよ。今のフランスはそういうとこ。とかいってて「日本と変わらないんだなー」と思いました。

本来ならそのアカウント主のツイートを張り付けるべきでしょうけど、鍵アカウントなので…。

 

そもそも女は金持ちと結婚できるなら、美容整形したりとか家事とかやるつもりだけど、男は別に外見磨いたり美容整形したり 家事やるつもりもないのに、女に若さや外見だの家事だの金だの要求するから、厚かましさや図々しさにぞっとする。しかも賃金格差や女性差別があるのに。

昔から男は女に家柄と金を要求していたよなぁ。持参金とか。

奴隷解放される前のアメリカとか、男性が結婚する決めてとなったのは、持参金の多さとどれだけ黒人の奴隷を所有しているかというまさに「金目当て」だったんですが、それで「金目当て」な事を嘆いている女性の話を読んだことある。

 

男は女が金目当てだと悪く言うし、男が女に金目当てだと「羨ましい!」だの言い出すし、女も女で男に金目当てな女は勢いよく非難するけど、女に「金目当て」な男に対してだんまりか「寛容」だからうんざりするんだよなー。どっちも女が悪く言われるんですね。 

「男女平等」な世の中になったら、女も「男並み」に男を若さや外見や家事育児介護金で判断するべきでは?と思うんですが。