どうにか生きています。

反吐をぶちまけます。最近筋トレ始めました。

リンカーン

 

 


面白かったですよ。

こういう社会派で重たい映画は好きです。アクション満載で何も考えず楽しめる作品も好きですけど。

 

リンカーン奴隷制度廃止の法案を可決されるために動いて、そして暗殺されるまでのお話。

黒人差別と女性差別は構造が似ているので、見ていて「これ女性差別でも見るな~」と思ってました。

 

黒人兵士は白人兵士より時給が三ドル少なく、それなのに軍服代金に三ドルも余分に引かれ、白黒平等に戦場に出て戦うけど黒人士官は居ないとか。

 

あと舞台あ1800年代後半だけど、夫に暴力振るわれて殺されそうになったので咄嗟に薪で殴り殺した女性が出てきたんですが、有罪にはならなかったって、日本は1800年代のアメリカ以下ですか。

 

あと「黒人が解放され白人が脅かされる」という台詞や「黒人の投票権、黒人の議員、それらは自然かね?」とか「クロを嫌っとる。クロを作った神も嫌っとる」とか「白人の無限の富を黒人と共有するなど真っ平なのだ」とか。

 

あと対立している立場を怒らせて本音を言わせようって魂胆は、130年近く前からの手段なんですね。

そして「黒人に投票権を与えたら次は女性?」の議員の男性の発言に黒人の奴隷解放より激しい「NO!NO!」と議員の男性による反対の声が。女性差別は人種差別より長い歴史があって根深いですしね。

黒人の投票権も黒人男性限定の発言もありましたし。

 

最近日本女性は黒人女性と立場が似てるなと思い続けています。