どうにか生きています。

反吐をぶちまけます。最近筋トレ始めました。

やる気が出ない

 
 
やる気が出ない。
この前カウンセリングに行ったけど、あんまり私が「どうしてもやる気が出ない」と言い続けていたのが原因なのか、私が生きる気力を無くしているからなのか「これからやりたい事を決めてから治療をしよう」という事になりました。
やりたい事といえば、前に書いた記事みたく減量して筋トレする事なんですが。
あるいは金があったらやりたい事といえば、世界旅行に行きたいですね~。でもこんな「やりたい事」で治療できるのか…。
勉強も賃金労働もやっても無駄というか、昔は野望があったんですけどねぇ。でも女に生まれた時点で野望は達成されないって決まってるじゃん。ツイッターでも女性差別が可視化されて手柄を男に横取りされたりして、やっても無駄だなぁ…と。
 
こういうのっていきなりじゃないんですよね。何回も積み重ね積み重ねで、ある日糸がプツッと切れるみたいに気力を無くす。
男って何しても悪く言われなくて楽でいいな、と。専業主夫(笑)になっても「男は結婚して仕事を辞めるから進学しても無駄」とか言われないですし。
何かもー白けちゃってるんですよね。すっかり醒めて。
女性も女性で男にゲロ甘なのがうんざりする。男は平気で「○○は男の物!女は出てけ!」「女が入ってきたら男の席が無くなる」とかいうくせに、女の分野にはズカズカ踏み込んで荒らして女の席はのっとる男はちやほや歓迎して接待したり。「多様性!」だの「ジェンダーフリー!」だの。
私の記憶が正しければ2005年とか男達がジェンダーフリー大バッシングでバックラッシュしていたんですけど。けど男の特になるとわかった途端「ジェンダーフリー!」(※ただし男のみ)とか言い出すんですね。はぁ?
女は相変わらず女らしさを押し付けられてるし、男を立ててだの要求されてるし、家事育児介護を押し付けられてるんですけどね。それには「ジェンダーフリー!しなくていい!」とは言わないんですね。
結局男だけがさらに得しまくって、女性差別が悪化してるだけじゃん。
 
 
私も人の事は言えない。私も「男も男らしさからの解放!」とかやっていたから。今は大反対ですけど。男は女性差別セクハラ性犯罪もなくさないで女の運動にタダ乗りしているだけだから、厚かましい。
フェミニズムにかかわって解った事は、男は大嫌いだという事と女性に対する失望です。