どうにか生きています。

反吐をぶちまけます。最近筋トレ始めました。

映画怒り 

 

見たけど、強○描写があってサバイバーとしてはうんざりさせられた。いや、悲劇として強○とか描かれすぎじゃない?正直日本男児だと悲劇と思って描いているのかも微妙ですし。

 

良かった所は強○される所をみても助けず楽しんでみていたという男が描かれて、現実の男を良く描いていました。被害にあった人の友人の男性は怖くて助けられなかったと言っていたけど、それはまだ美化してるなーと思いました。

 

あと身体を売る娘を心配して父が

 

「男は良いんだよ。ヤケになって女抱きまくってもヒモになっても世間は許してくれる。でも女は駄目だ。親父の俺がいくら闘っても損するのは愛子(※娘の名前)だ」

 

って台詞があってそれが秀逸でした。