どうにか生きています。

反吐をぶちまけます。最近筋トレ始めました。

専業主夫ってもやもやするんだよなぁ…

 



昔は持てはやしていたけどいまとなっては…。

この男性がブログやツイッターに書いてあった事なんて女性やフェミニストが散々言っていた事なのに、男が言うとすぐ好意的に受け止められてチヤホヤされるんだー、としか思わないんだよなぁ。

それに男は論理的思考で物事考えるなんて女性差別発言してるし。だから専業主夫って信用できないんだよなぁ。それにこの男性がそうとは言わないけど、英雄気取りもいるから微妙。

40年近く前のウーメンズリブの本で「家事育児を分担したからといって女性解放の英雄になったと思わないでくださいね」って書かれていたぞ。

 

専業主夫が増えたとしても専業主婦と違って「養ってもらってるんだから夫に従うべき」「家事育児を完璧にやるべき」という圧力が皆無なんだから、ストレスや負担は専業主婦のほうが段違いだと思うんだよなぁ…。それに妻側の名字に変えるわけでもないですし、男が専業主夫をやるとチヤホヤされるから専業主婦と立場が違いすぎる。

 

それに専業主婦の妻に横柄に振る舞う夫はうじゃうじゃいるけど、専業主夫の夫に横柄に振る舞ったりする妻はほぼいないんだから、単純に同列にできないよな。

それに専業主夫で妻だったら男と違って家にお金を入れないとかすぐ仕事辞めちゃうとか暴力振るうとかないだろうし(あったとしても超レアケース)専業主夫って専業主婦よりお気楽だと思うんだよな…。

 

昔クーリエで女性差別や賃金格差を無くしつつある西洋先進国では夫を専業主夫にしている女性もいるけど、結局は男なので家事育児ケア能力は女性には敵わない上に、あちら(米国)はホームパーティが出世に響くくらい重要だけど、所詮男だから大した準備ももてなしも出来なくて出世に響く…という夫を専業主夫にしたエリート女性たちの嘆きが特集されていましたね。私としてはだよなぁとしか思いませんでした。

 

私が前に出会った人で主婦になりたいから大学で家政学を学んだって人がいたけど、同じようにそこまで知識とか訓練を専業主夫になりたいからって勉強してる男がいるかと疑問だ。

それに男は独身でも「家族を養わないといけないから」と嘘の前提で高い給料貰って出世出来てるんだから、専業主夫を養ってる妻も「家族を養ってる」んだから給料高くならないとおかしいのにそうはならない。だから家事育児ケアも女に敵わない上に給料も上がらないんじゃ女性が専業主夫を養うメリットってないよなぁ。

女性は他人と同居するなら専業主婦の方がいいのでは?