どうにか生きています。

反吐をぶちまけます。最近筋トレ始めました。

読書:貧乏人の経済学

 

 

 

貧乏人の経済学――もういちど貧困問題を根っこから考える

貧乏人の経済学――もういちど貧困問題を根っこから考える

 

 

いやー、読んでいて身につまされましたね。

貧乏人は目の前の退屈をしのぐためにお金を使うとか。私にとってはそれが映画やDVDレンタルネトフリックスに同人誌なんでしょうね。

 

>>一般的に、貧乏な人々が生活を退屈から救ってくれるものを最優先しているのは明らかです。それはテレビ、あるいはちょっとした特別な食べ物だったり――あるいは単に砂糖のたっぷりはいった紅茶かもしれません(P61)

 

>>自制心を買うのは難しいので、自覚的な意思決定者は、将来の誘惑の可能性に対し、他の予防措置を講じます明らかな戦略はあまり貯金しないことです。

お金があれば、明日それを無駄遣いしかねないことがわかっているからです。どうせ明日誘惑に負けるのだったら、今日のうちに誘惑にまけても同じことです(P261)

 

身につまされます。

 

私は障害者で強○サバイバーなので、両親の支援がないと生活できないですもの。両親が死んだら野垂れ死にまっしぐらです。