どうにか生きています。

反吐をぶちまけます。最近筋トレ始めました。

ネトフリックスで見た作品達と映画ミス・ポター

 

 

ミス・ポターは2006年の映画。当時見に行かなかったので、今更ながらようやくDVDを借りてみました。

なんか最初はピーターラビットの出版にこぎつけるまで苦難が待ち構えていて、当時なんて今より女性差別が酷かったのでそれに苦しむ描写があるのかも…と思ったのですが無かったです。それで見ていて精神が安らかでした。。

 

結構ロマンスが中心だったし、当時は今よりも階級社会のイギリスなので、家柄とか資産とかのつり合いが取れる相手とお見合いするポターが描かれていました。でも選んだのは自分の本を出版してくれて作品の理解者で愛情もある男性。女性の方が愛情とか人間性を見るよね。むしろ古今東西の実例をみていると男の方が女に対して金とか地位とか外見とか厚かましくすべて要求しているのをよく見ます。

 

でも両親が反対する気持ちも理解できるんだよなー。イギリスみたいな階級社会ならなおさら育ちや階級や出とか関係していますよ。どうしてそう思うかというと、特権階級出身の友人がいるので。

でも婚約者とは死別。最後は田舎の土地を開発させないためにオークションに出て買い、新しく出会った男性とロマンスの予感がして、最後はスケッチしているポターの姿が出て終わりました。アニメーションで動くピーターラビットのキャラ達も可愛かったです。

 

 

ネトフリックス 魔法が解けて


 

酒場で賭け事して酒好き。公務ほっぽりだすという王女ビーンが主人公。造形がいいよなぁ。「プリンセスは美人」という思い込みを打破してくれるので。

そしてシンプソンズのスタッフがつくってるだけあってブラック要素が強め。

面白いんですが、最後は「女同士の争い」で定番のミソジニーネタで終わるのかよ…とがっくりきたのですが、そう来たかと思いました。思い切り続編につながる終わり方だったので楽しみにです。あと主人公の父(つまり国王)は頼りないなぁと思いました。

そしてゲームオブスローンズ、見た方がいいんですかね…。

 

 ネトフリックス 中世とチューダー朝の女王たち

 

まだ最初しか見てないのですが、女王の歴史ものと聞いて見はじめました。

なんか王族でも「女に生まれた」ってだけでないがしろにされるんだな…と思いました。

「この世で一番強い立場の女も、一番弱い立場の男より弱い」っていうのもまざまざ見せつけられている感じ…。

あと良かったのは案内が若く美しい女性とかじゃなくて、貫録のある中年女性な事です。

日本だったら若い女優とかにやらせるでしょ。