どうにか生きています。

反吐をぶちまけます。最近筋トレ始めました。

映画マチルド、翼を広げ

 

 

 

フランス映画っぽいなぁと思いました。詩的な映画。

情緒不安定で精神障害を抱えて問題ばかり起こす母親に振り回される娘のマチルドが主人公。

監督が女性と聞いてフェミニストの私としては見に行かないと、と思いました。梟も好きですし。

母親に振り回されて怒りをあらわにするけど、それでも母親の事を愛している。そんな彼女を見守るしゃべる梟。

私の頭じゃ解らない謎がいっぱいあったんですが、梟は結局どうなったの?とか。成長してからも見守っているの?とか。

梟がかわいい外見にそぐわぬ低い声です。

母親は病院にはいったほうがよかったよ…だってあのままだと母親が原因で貴重な子供時代が台無しにされてしまうから。

病院にはいっていても交流はあるようでよかった。でも主人公だけがなんで梟の声が聞こえるのとかよくわからなかった。そこがファンタジック。