どうにか生きています。

反吐をぶちまけます。最近筋トレ始めました。

映画スポットライトを見ました。

 

ネトフリックスにあったので。

 

 

映画『スポットライト 世紀のスクープ』公式サイト

 

一昔前の私なら真剣に問題視していたけど、今の私だったら「ふーん」って感じ。白けちゃって途中で見るの辞めました。

なんか男は滅多に性被害に合わないし、合ったとしても真剣に取り合ってもらえて映画化にまでなって楽でいいですねとしか思わなかった。

女の被害者は「加害者にも将来があるんだから」「落ち度が」とか言われたりするのに男はたった一回被害にあっただけでも「加害者にも将来があるんだから」とか「落ち度が」とか言われなくて楽でいいですねって感じ。

ちなみに私の友人とか知人は小学生の頃から何回も強姦強姦未遂性暴力にあってパニック障害鬱病やPTSDを発症しているけど生きていますよ。

なのにたった一回強姦や性虐待されたくらいで麻薬やったり自殺するなんて、男は弱すぎ(私を差別者と呼びたい方はどうぞ)

 

男って普段は女だけが被害に合うと思ってるから性犯罪被害に真剣に取り合わないくせに、男の被害者が一人でも出ると「男の被害者だっている!」だの「男の被害者は表にでてこない!」だのギャースカ騒ぐからうぜぇ。女の被害者だって表にでてこねーよ。女は誰にも助けてもらえず自力で闘ってるんだから、男も自力で闘えよカス。女の活動にただのりすんなや。男は馬鹿だからニュースで報道されるのが全ての性犯罪事件だと思っていそうだよな。男は馬鹿だから。

 

だって男は被害にでも合えば少しは女の気持ちが解るかと思ったら、女が被害に合うのは正当だが男が被害に合うのは不当だの思っていたり、痴漢にあったら女は慣れてるから平気だ、男は慣れてないからショックを受けるだの平気で言ったり、男の被害者は表に出てこない!女の被害者は表にでてくるから甘えている!だの平気でいったりするから、立て続けに聞けば同情する気も失せるわ。

男は性犯罪に合おうがカス。だから私は男が被害にあったとしても「ざまぁ」くらいにしか思わん。