どうにか生きています。

レズビアンで発達障害でサバイバーで男嫌い。反吐をぶちまけます。最近は女性映画を見るのが趣味。同居者は両親と猫達と犬

映画42をみました。

 

 

 

初めて黒人(有色)でメジャーリーガーになった男性の実話を元にしたお話。

 

感想は話は面白かったけど数年前の私なら感動していましたが、今の私は感動しませんでした。人種差別に反対しておきながら、女性差別はする男なんて珍しくないし、むしろその方が普通。だからこういう人種差別を題材にした映画をみてもしらけちゃうというか。どうせ女性差別はするんだろ?って思ってしまって。

実際ジャッキーロビンソンの自伝を読んでも女性差別には鈍感みたいでしたし。もし白人や黒人女性が野球をやりたいっていったら、白人男性と黒人男性が結託して、女性を追い出していたと思いますよ。

 

それなのになぜ私が見たかというと、人種差別あるあるは女性差別あるあるだからです。