どうにか生きています。

反吐をぶちまけます。最近筋トレ始めました。

解らない

 

男は女に「金目当て」で近づいても「金目当て!」と男からも女からも責められず、女は夫に養ってもらえればいいと給料が低賃金なのを正当化されてロクに学歴もつけさせてもらえない女が、お望み通り男に経済力を当てにしたら「金目当て!」と男だけじゃなくて女からも勢いよく責められるのが不思議でしょうがない。

 

そしてネトフリックスの映画「軽い男じゃないのよ」みたく男女逆転した世界なら女に経済力を求める男もわかるよ。

でも実際は真逆なのに女にさらに家事育児外見若さだけじゃなくて経済力まで求める男の図々しさにゾッとする。

 

それに女は「金目当て」でも外見磨いて家事育児やるつもりじゃん。男は「金目当て」でも外見磨かず家事育児も女に押し付けて「養ってくれ」とかどこまで図々しいんだよ(友人の実話)

私の友人の彼氏は友人の買ったマンションに住まわせてもらって家事もやらせて生活費もだしてもらって首絞めて暴力振るわれましたからね。どこまで男は図々しいんだよ。

「そんな男を選んだ方が悪い」とか言うなよ?男に同じ台詞言うか?

男はいいですね「被害者」になれて。そこも含めて男は厚かましくて図々しいというか。

 

そう言うのを目の当たりにするとすっかり醒めきった視線が培われて金稼ぐ気力もなくなったというか。

「金目当て」なのは男の方だよな。男は「女は男に養ってもらえればいい」と「金で判断するなー!」と同じ口でいいますからね。

「目の前の現実」をみたら女に金たかったり女に奢らせたり女に暴力振るって金うばったり寄生する男なんてうようよいるのに、みんな「見えていない」

私は一度見えて気づくようなったら芋づる式に見えてきて、すっかりうんざりしています。