どうにか生きています。

性暴力サバイバーかつ、アスペルガーであることが20を半ば超えてからようやく解った女の備忘録。男嫌い。反吐をぶちまけます。初めての人はカテゴリから「はじめに」をご覧ください。同居者は両親と猫と犬

ディズニー実写版美女と野獣を見ました(ネタバレあります)


美女と野獣はフランスとドイツが合作で美女と野獣過去に実写になっていますね。

今日はディズニーの実写の吹き替え版を見に行ったんですが、吹き替えだとベル役の昆夏美さんの声が幼いような…。でも歌唱力があって、声がよく伸びていと思いました。

実は人並みに歌えるようになりたくて、教室にヴォーカルの訓練を通うためにやっていたことあるので。

 

映画は序章で王子が人間の時が映っていて、最後に突然に王子が野獣になって視聴者に「?」とさせる事はなくなりました。

序章で舞踏会の時に王子が雨宿りをさせて欲しい老婆を使用人も一緒に笑いものにして追い返そうとしたために、どうして使用人も一緒に呪いを受けたのかを丁寧に描いています。私はとばっちりかと…(笑)(笑えない)

そのあと魔女が王子たちの記憶を領民である村の人から消すことにより、どうして城の異変に疑問を持つ人がいないのかも補完しています(実はこれがベルが朝に村でよく忘れ物をしている男性の伏線にもなっています)

 それに、序章で魔女な老婆が一輪の薔薇をお礼に渡すので雨宿りさせてほしいというやりとりを付け加える事と「私は一輪の薔薇で破滅へ追いやられた」(台詞うろ覚え)という内容の野獣の台詞を付け加えることにより、どうして野獣が薔薇を一輪摘んだ事によりベルの父を幽閉したのかも丁寧に説明がされています。

2014年度の実写版もディズニーのアニメ版も薔薇を一輪摘んだ事よりも、野獣の城で無断訪問と飲食と野獣の家具を勝手に使った事の方が重罪っぽかったですよ。でも、薔薇を摘まなかったら見逃していたんですよね。意外と野獣は心が広い?

 

しかし話自体は面白かったんですが、もう合わないですよ、美女と野獣は。

 野獣自体は別に醜くない外見と思いますし、これが男女逆なら成り立たないですよね。

でも後ろ盾のない女性がどうなるかと、フェミニストでもあるエマワトソンが主演ですし、女が勉強することについてもどう思われているかも触れていますし、現代版に改編していますが、限界があるなぁと思いました。

 

でも、異性愛エンディングに関しては特に日本なら地位と金を手に入れている女性も、王子様と結婚する生活もどちらも日本女性は手に入らないですから(あったとしても超例外で、日本の「名家」と結ばれるなんて「しがらみ」が多すぎる)別に王子様と結ばれるエンディング自体は批判しなくてもよくない?と思います。