読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスパラガスのアスペルガー日記

性暴力サバイバーかつ、アスペルガーであることが最近解った女の備忘録。あと呟きとか本の感想とか。初めての人はカテゴリから「はじめに」をご覧ください。同居は両親と猫と犬

シンガポールから帰ってきました。

 

母と行ってまいりました。

日記更新できなかったのは、旅行もありますが、

 

お正月開始にすぐインフルエンザにかかる⇒夜間病院へ向かい解熱剤を貰い、ずっと寝ていて治す⇒出発予定日前日に完治する⇒次の日シンガポール出発という弾丸旅行でした。

 

で、本日帰ってまいりました。

いやぁ!シンガポールは良かったです。日本より個人的に安全な国で解放感を感じました。日本と違って凄く太ってる女性や不細工な女性やおばさまたちが堂々と賃金労働についてるし(パートとかじゃないよ!)、様々な肌の色の男女がいて好きな格好が堂々とできます。

あとおまけに亜熱帯で一日に何回も突如スコールがふるから、現地人は慣れてるのか濡れてもいいカジュアルな格好です。日本人みたくおしゃれな人滅多にいない。私が日本からもってきた夏服は浮いていた。これは日本より楽だわー。

 

あと、接客でも特に女性が愛想ふりまかなくてもいいのがよかった。アラブ街の菓子屋に出向いた時も、店員のアラブ女性無表情だったから。

他の日本女性と違い、ただ働きのホステスなんて強要されてない私は、愛想笑いが出来ない、しないので日本でどれだけ生活しづらいことか。

就職のグループ面接の時、愛想笑いを25分間ひねり出したらその日の内に顔が筋肉痛になったことあります、私。