どうにか生きています。

性暴力サバイバーかつ、アスペルガーであることが20を半ば超えてからようやく解った女の備忘録。男嫌い。反吐をぶちまけます。初めての人はカテゴリから「はじめに」をご覧ください。同居者は両親と猫と犬

今日は久々に外に出れました。

 

犬の散歩では外に出ていますので、正確には「一人」で「地元の駅前の街」まで自転車でいってきました。

犬が一緒に歩いていたら、まだ歩けるんですが、どこにでも連れて行くわけにはいきませんものねぇ…。

 

図書館に貸した本を返しにいかなければいけないので、勇気を出していってきました。

やはり出かけるとき緊張はしていましたが、どうにか目的を達成できてよかったです。

女たちは戦場に暮らしているのと同じと思います。

銃や爆弾テロなんて滅多に起きないですけど、それでも危険で戦場と変わりません(どうしてそう思うのかは、後で書く機会があったら書きます)

 

記事を書いていて思ったけど、このブログは「性暴力サバイバーであり、アスペルガー障害の日記」のという題名に名前とかかえたほうがいいんじゃないか……?