どうにか生きています。

レズビアンで発達障害で性暴力サバイバーで男嫌い。反吐をぶちまけます。初めての人はカテゴリから「はじめに」をご覧ください。同居者は両親と猫達と犬

毎日嫌になります

毎日毎日男が女性を狙って性犯罪や殺したりする陰惨な事件ばかりでうんざりします。表に出てきてこれだけあるのだから、表にでてこない暗数は無茶苦茶あるんだろうなと実感します。 見なければいいという話ではなく、こんな陰惨な事件を起こす男が存在してい…

アナと雪の女王の感想

見直しましたが、当時は「いい映画!」と思っていたんですが、映画館でなおかつ3Dで見たからと、私自身が雪と氷のモチーフが好きなので余計に割増しで評価が良く感じていただけと思いましたね。 あとレズビアンなのでエルサとアナエンディングが個人的には…

映画ピーターラビットを見ました。

日本語版予告と現地の予告は全然違うのは予告を見比べて解っていたのですが、予想外にトムとジェリーみたいな感じでした。原作に出てきた高齢男性のマグレガ―さんが心臓病で亡くなり、甥のハロッズ勤務だったトーマスマグレガ―がビアとピーターが住んでいる…

結局男尊女卑もフェミニズムも「同じ場所」を目指している

モアナの映画をBGM代わりに流してるんですが、モアナの主題歌で「どの道を進んでも決めたのは私自身」という歌詞があります。 日本で2013年に放映されたアニメ「キラルキル」というのがあるんですが、そのアニメの男性監督が映画パシフィックリムの公式イベ…

最近見直した映画の感想

映画館で見ましたけどもう一度見直しました。 フェミニズムの観点から評価高いけど、どこがフェミニズムの観点から評価できるか? って思いましたね。 結局動物に置き換えても男女の関係はそのまんまだし、ステレオタイプはよくないと言いながら女に男のケア…

アトミックブロンドを見ました

公式サイトは↓ シャーリーズセロン演じる主人公が男を殴ったり打ち殺したりしている時点でスカッとして見応えがあります。もっとこういう女が女を見下している男をボコボコに殴って打ち殺す映画が出てこないかなと思います。 冒頭でシャーリーズセロン演じる…

愛と哀アメリカ黒人女性労働史の引用一覧

愛と哀―アメリカ黒人女性労働史 作者: ジャクリーンジョーンズ,Jacqueline Jones,風呂本惇子,寺山佳代子,高見恭子 出版社/メーカー: 學藝書林 発売日: 1997/05 メディア: 単行本 クリック: 1回 この商品を含むブログ (1件) を見る 前書きから黒人女性は奴隷…

男を甘やかすと碌な事にならない

読んでて男の被害者意識の高さに「はぁ?」となったんですが。 散々女を鬱憤晴らしの八つ当たりの道具にしておいて、いざ自分が反撃されたら泣いたとか被害者面。そんなオドオド男が弱い女にだけはマウントとって強気。そして散々女性を怖がらせたり悔しい思…

猫被るのに疲れてる。

ブログの題名変えました。 アスペルガーもそうですが、それ以上に男嫌いが大きく私の中を占めているので。 ツイッターの事です。 私は男嫌いでツイッターで趣味のアカウントでも隠しているんですが(でも確実にバレてる)(初期は隠していなかったですし)や…

ネトフリックスで「軽い男じゃないのよ」を見ました。

画像付の詳しい感想はこちら。 フランス制作の「軽い男じゃないのよ」は男尊女卑の女を見れば口説く事しか考えていない男がアホな事故でポールにぶつかり男女逆転した世界に飛ばされるというお話です。 男女逆転したら「神父墓地」の標識が「神母墓地」とな…

疲れました。

毎日性犯罪のニュースが流れてきてフラッシュバックに苦しんで、日本男児様は馬鹿が馬鹿の一つ覚えで痴漢と聞けば「冤罪!冤罪!」「冤罪で男は人生終わるギャー!」とヒステリーおこして被害妄想で女を殺す。別に人生終わらないから。終わるのは被害者のほ…

今読んでいる本

アメリカ黒人女性の歴史 作者: 岩本裕子 出版社/メーカー: 明石書店 発売日: 1997/10/15 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 世界を変えた50人の女性科学者たち 作者: レイチェル・イグノトフスキー,野中モモ 出版社/メーカー: 創元社 発売…

男嫌いっていうと必ずこういうこと言う奴が出てくる

男なんて、みんな死んじゃえばいいのに - どうにか生きています。 この記事についたコメント >>こんにちは。私は女性ですが質問させて頂きます。 ・世界中にいる、お互いを愛し合っている(当の本人たちが心底幸せだと感じているという条件下)男女の存在 …

気付いたら一か月は過ぎていました。

時間が経つのはあっという間ですね。 その間も病院やカウンセリングに通ったりして治療を続けていましたが、自分では良く解らないのですが、結果だけみていると状況は段々と改善はされているみたいです。 ブログを書く間が空いている間に、障害者手帳の更新…

カウンセリング

カウンセリングに行きまして、ここ最近のカウンセリングと主治医の診察はうまく話せるようになりました。大分よくなってきているみたいで、PTSDも治りつつあるのかな、と思いますが油断はできません。 >>>>> この下書きをかいてから、予想通り「揺り戻…

お久しぶりです

気付いたら時間が経ちますね。 私は治療のためにカウンセリングや心療内科に通っていますが、遠くて交通費もかかって大変です。でも、地方から新幹線で通ってくる患者にくらべれば、まだいい方ですが…。 私は両親が理解者で味方なのでまだ助かりますが、両親…

久しぶりです。

時間が経つのは早いですね。お正月も過ぎて、あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。

月経でブルー

ピルの飲み忘れが一日あって周期が読めなくて月経が突然来て、下着ごと寝間着のズボンもベッドのシーツも月経の血で汚れてブルーです。 シーツ、洗うのもまた元に戻すのもめんどくさいんですよねぇ…。 どうして月経のことを書くかというと、パプリカさんのこ…

病院を変更しました。

病院を変更して、自立支援の病院と薬局の変更もしました。 病院は遠くなりましたが、PTSDの治療の専門でもあり「うちで治らないのなら他では治りません」というくらい、院長は自信があるみたいです。 院長は薬をあまり使わないようにしているみたいで、…

今読んでいる本

ヒステリーの歴史 作者: エティエンヌトリヤ,Etienne Trillat,安田一郎,横倉れい 出版社/メーカー: 青土社 発売日: 1998/05/01 メディア: 単行本 クリック: 8回 この商品を含むブログ (3件) を見る キャロル (河出文庫) 作者: パトリシアハイスミス,Patricia…

これがPTSDの症状なのかなぁ…

本日は遠出したのですが、まず自転車で地元の街に出た時点で心臓の動悸が早まり、電車に乗って新宿へ出たら心臓がバクバクしだしたので、早々に予定を切り上げて帰ってきました。 なんか遠出したわりにはお金使っただけで楽しめなかったな…と。 誰かが居るの…

女性だらけの職場は居心地がいい

正確には幹部も女性ばかりなので居心地がいい、ですが。 だいぶ前の職場で「男はすぐ辞めて情けない。だから積極的に女性を採用している」というグループ面接で公言されたことがあります。 でも女性を積極的に採用といわれても、女は男と違って安くこき使え…

反吐の掃き溜め

私のこのブログは反吐の掃き溜めなので、読みやすさとかそんなものは考えていません。

私の今の職場は女性が多い

女性が多いだけではなく、幹部も女性ばかり。 先代社長が実力主義で年功序列反対を表明しているので、幹部だけではなく現社長も女性です。 女性が多く、幹部も女性ばかりの職場なので働きやすいです(でも特に日本だと、幹部は女性でも、名誉男性の可能性も…

男の言うことなんか聞かなくていい

私の友人に天使のような性格で絶世の美女で完璧なプロポーションも持ち主がいるんですが、そんな彼女と交際できても歴代彼氏は感謝するどころか付け上がってます。 おまけに友人はデート代金も【毎回】全額だしてるんですが、頭蓋骨凹むほどの暴力を振るわれ…

女の人生ってなんなんだろうな…

と、思ってます。 生まれてから死ぬまで男尊女卑と性犯罪が付きまとい、月経に苦しみ、容姿差別年齢差別に苦しみ…金稼いだら稼いだで「女の金は俺の金男の金」と思ってる男にたかられて寄生されて…なんかこちらの本の最初ら編に書いてあった通り「女の幸せは…

今読んでいる本

Amazon CAPTCHA 片倉もとこ 編「イスラーム教徒の社会と生活」 イスラム教に最近知りたいと思い、本を読んでいます。

女が大金を稼いでも、まったく男と「公平」じゃない

前から思ってる。毎月何日か必ず体調が悪くなる体を持つ女性が、そんな状態を一生に一度も経験しない男性と同じように同じ時間働いて、仮に同じ賃金が貰えたとしても、そんなもの全然平等じゃない。足に錘を付けた状態で「同じ距離を同じ速度で走れば同じ報…

この記事のコメントがいまだに多い

私もそうですが、よほど普段生まれてから現在進行形で、ありとあらゆる男尊女卑と性犯罪に苦しんでる女性しかいないんだなと。 私は「優しい女性」みたく根拠もなく未確認生物の「まともな男」を取り上げて「まともな男に失礼!」なんて言わないので、好きな…

目の前の現実を見る

日本男児は女は家事しなくなったとかいうけど、私の周りの人たちは 男尊女卑も性犯罪も日本男児はなくそうとしないのに 金稼いで、家事と介護やってたり 結婚して金稼いで子供産んで育児や家事をしていたり、 金稼ぎ家事育児におかずは三品作れと夫から強要…