どうにか生きています。

反吐をぶちまけます。最近筋トレ始めました。

癒しが欲しい

 

のでネットフリックスでリラックマとカオルさんを見ています。コリラックマ可愛い。

私はリラックマよりコリラックマの方が好きですね。モフモフしたい。

動くリラックマコリラックマキイロイトリ可愛い…カオルさんが意外と霊感商法に引っかかったりカードで買いすぎたりしてなんともいえないキャラに。

自宅にも猫や犬がいるんですが、動物キャラは別腹です。

 

今日は晴れましたしGWなので出かけてみましたが、定食食べて図書館に行ってそれだけでしたね。

なんか外食もあんまり昔ほど魅力を感じなくなってきたといいますか、家で食べたご飯の方が美味しいという感じになってきて。外食も楽しくないといえば嘘になるんですが。外食のお金で食材が買えますし…なんかスーパーでパック寿司食べればそれで十分という風に変化してきました。外食は自分で準備も後片付けもしないのが魅力なんですけどね。

気分転換に美術館や博物館に行くのも好きなんですけど、私はサッサと見ちゃうのであんまり長居しないと言いますか…。

漫画も小説もあんまり読まなくなりましたし、DVDも集中してみるのが苦手で…なんか楽しめるものがほとんどないんですよね。ここ数年でツイッターやブログで製作者側の化けの皮が剥がれて女性は客扱いされないというのが嫌というほど解ったので、金使うのももったいないというか。もっと早く気付いていれば貯金にまわしていたんですけどねぇ。

結局ネットみたりネットフリックスのドキュメンタリーを延々と流していたりしている。勉強も女が勉強したって無駄だよなぁって思ってやる気でない。

金使わない楽しみ方を見つけようと思う

 

 

 

 

今日は芝居を見てきました

 

が、男女の恋愛物の話だったので男嫌いで現実の悲惨さをさんざん見聞きした自分としては「こんなに上手くいくわけねーだろ、主人公そんな男やめとけ!というか男自体やめとけ!」と思いました。

 

どうしてそんな芝居を見に行こうかと思ったわけは他人からチケットもらったので行きました。6000円のチケットを無料で貰ったのはありがたかったし、時間つぶしにはなるだろうと思いまして。しかも一番前の席。

 

現代的なのは主人公がレズビアンで過去に同性と交際していたのと、主人公と男が一緒に住んでいた時男も家事やっていた事かなぁ。でもNYの主人公の部屋にビザの限界まで住まわせてもらってるんだから家事くらいやれ、とは思いますね。

でも男性が職業画家なんてやめたほうが良いと思いました。売れてるならともかく。

最終的には結婚したけど、売れたとたんにポイ捨てしそうだなと思いました。糟糠の妻を男は平気でポイ捨てしますし。そこまで私は男を信用していない。

正直そんなに売れていない女優と画家の結婚って将来性なさそうだなーと思いました。

途中で女優が脱いだ場面で引き締まった腹筋がかっこよかったのと、ミュージカルなので歌うのですが、役者なので二人とも(※二人しか出てこない)声量があるなーと思いました。それとあの引き締まった腹筋はかっこよかったわ―。ああなりたいと思わせました。

 

そしてレズビアンで男嫌いな私にとっては男女の恋愛物な内容の舞台をみている間は苦痛でした。そんなに苦痛なら出ればいいだろうと思われると思いますが、途中で出たくても出れない仕様だったので…。休憩は無しでしたし。

 

 プレゼントボックスも帰りに私が見た時は手紙が二通しか入ってなくて、こんなもんか―と思いました。レズビアンの私としてはあの女優さんの鍛えた腹筋がかっこよくて惚れました。全身引き締まってかっこよかったです。あの腹筋が見れただけでも良かったと思いました。場所も近かったですしね。地元の駅の隣。

 

ここではつらつら不満を書きましたが、たまには舞台もいいもんだと思ったのは事実ですよ。でもチケット代6000円なんで障害者支援で働いている身としては高すぎるので、舞台は行けないなと思いました。あと数時間もじっとしているのが苦痛なんですよね。映画館は薄暗いからだらけた姿勢をしてても大丈夫でしたが、お芝居は舞台が明るいのでずっとピシっとしていて疲れました。

 

沈んでいました。

 

諸々ありまして、約5日沈んでおりました。

人は生きる気力が無いとみるみる動けなくなりますね…。父から「ベッドと同化するかと思った」と言われました。

 

どうにか復帰しまして、家事も出来るようになりました。

映画も見に行けるようになり、シャザムを見に行ってきました。面白かったです、シャザム

ヤーズフレックスピルは金がかかる

 

生理の回数が少なくなると言われていたので、ヤーズフレックスピルに挑戦してみましたが初期投資で金がかかる。

 

私は事前に調べましたが、血液検査をして保険が効いて約6000円かかることをどこも書いていないので知らずにヤーズフレックスピルをもらいに行って驚きました。

血液検査をしたら一週間後に来てくださいと言われました。なにせヤーズフレックスピルを処方する所はそんなにごろごろあるわけないので、ご近所の婦人科では処方されず電車で乗り継いで遠い所へ行くわけです。交通費がかかる

 

それでヤーズフレックスピルを処方されたわけですが、一か月分しかもらえなかったんですよね。一か月分が2980円です。高い。

そして一か月分を三週間飲んだらまだ血液検査に来てくださいと言われました。約6000円がまたかかるわけですよ。高い。

 

そして一年に一回は血液検査をしなくてはいけなくて、約6000円かかるわけです。高すぎる。

 

定収入があるならともかく、障害とサバイバーなので親の支援で暮らしている私には高すぎる。なので諦めます~。

 

ヤーズフレックスピルについて血液検査については書いてる人がいなかったので、書いておきます。

 

 

 

 

 

ダンボとバンブルビー

 

 

昨日と今日でダンボとバンブルビーを見てきました。

ダンボはリメイクではなくリブートという感じでしたね。一から話も作り直してオリジナルに近く、ディズニーですから安定して面白さがありました。

意外だったのがコリンファレル演じる役が戦争で片腕を無くした設定なのですが、ときめいてしまって…。欠損好きだったんですかね、私(※創作限定)

あと姉弟が出てくるのですが、姉が「将来は発明家になりたい」といっていたり、最後は自分で発明した器材で出し物をしていたりPC意識してるんだなって思いました。でもサーカスの団員だって立派な職業だと思うよ。

 

バンブルビーは良い映画でした。ロボットとか好きなんですよね。機械の部品にときめく。

1980年代が舞台なのでビデオも黒電話も懐かしい。

バンブルビーも主人公のチャーリーに忠実で可愛いですし。楽しかった映画ですよ。

 

映画を見てきました。

 

昨日。

 

私は障害者手帳をもっているので障害者割引がききます。

そして男たちはレディースデーを持ち出して「女尊男卑!」だの「フェミはこれには抗議しないのか~?」などと二ヤつきながら卑しい顔をしていますが、私からすれば今までの人生でレディースデーなんて一回しか使ったことないですし、数十年生きてきて一回しか使ったことのないレディースデーとかを持ち出して被害者面できるなんて羨ましいな、男はと思います。だったら無能なくせに優遇されて高い給料もらっておきながらメンズディ作らせて抗議しない男はどうなんだよって思います。

私はレディースデーは障害者割引と同じだと思いますけどね。女性はこの世に生まれたら障害者と同じだと思っているので。

 

私は男から強姦されたのが原因で一時間一万のカウンセリングに通っていますが、数百円割引のレディースデーで「チャラ」になるんですかね。メンズデイつくっていいから、男は女が受けてる女性差別、賃金格差、性犯罪、セクハラ、殴る蹴るの暴力などすべて引き受けてほしいわ。

どうでもいいセコイ事例しか持ち出すものが無くて男は羨ましいわ