どうにか生きています。

性暴力サバイバーかつ、アスペルガーであることが20を半ば超えてからようやく解った女の備忘録。男嫌い。反吐をぶちまけます。初めての人はカテゴリから「はじめに」をご覧ください。同居者は両親と猫と犬

久しぶりです。

 

時間が経つのは早いですね。お正月も過ぎて、あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

月経でブルー

ピルの飲み忘れが一日あって周期が読めなくて月経が突然来て、下着ごと寝間着のズボンもベッドのシーツも月経の血で汚れてブルーです。

シーツ、洗うのもまた元に戻すのもめんどくさいんですよねぇ…。

どうして月経のことを書くかというと、パプリカさんのこのツイートです。

 

 

twitter.com

 

 

 

 

 

 

病院を変更しました。

 

病院を変更して、自立支援の病院と薬局の変更もしました。

病院は遠くなりましたが、PTSDの治療の専門でもあり「うちで治らないのなら他では治りません」というくらい、院長は自信があるみたいです。

院長は薬をあまり使わないようにしているみたいで、私も漢方を処方されました。

 

新しく移った病院は岡山からきている患者もいるみたいで、それだけ性犯罪やDVのPTSDに悩んでる人がいるんだな…と思いました。そしてどれだけ性犯罪に理解のない医者(特に男)が多いのかも。

男の医者に性犯罪にあったことなんて話したくないですよ。女の医者だって理解があるとは限らないのに(日本の医療なんて男尊女卑が酷いから、医者の女性も名誉男性が多いですし)

 

そして私が診察してもらったところ、私はアスペルガーでもあるけどそれよりPTSDの症状の方が上回り、PTSDをまず治した方が良いとのことでした。

今の医者もPTSDを治せば、現状がうまくいくとのことでした。

 

 

 

今読んでいる本

 

 

ヒステリーの歴史

ヒステリーの歴史

 

 

 

 

キャロル (河出文庫)

キャロル (河出文庫)

 

 

 

 

戦争は女の顔をしていない (岩波現代文庫)

戦争は女の顔をしていない (岩波現代文庫)

 

 

 

この三冊を読んでいます。

 

 

これがPTSDの症状なのかなぁ…

 

本日は遠出したのですが、まず自転車で地元の街に出た時点で心臓の動悸が早まり、電車に乗って新宿へ出たら心臓がバクバクしだしたので、早々に予定を切り上げて帰ってきました。

 

なんか遠出したわりにはお金使っただけで楽しめなかったな…と。

誰かが居るのならまだ平気なのですが、今の私は一人で遠出するのは無理だと思ったので、地元くらいにとどめておきます。

どうしても遠出しないといけない時は、薬を飲んで行こうと思います。

 

変えた病院で、PTSDの症状が強く出てると言われたので、今日みたいな出来事の事を言うのかなと思いました。

今の病院で治せたらいいんですけど…。

 

女性だらけの職場は居心地がいい

 

正確には幹部も女性ばかりなので居心地がいい、ですが。

だいぶ前の職場で「男はすぐ辞めて情けない。だから積極的に女性を採用している」というグループ面接で公言されたことがあります。

でも女性を積極的に採用といわれても、女は男と違って安くこき使えるからという理由だったりするので油断できないですが…。

しかしその時の職場は社員六割が女性でマネージャー三割女性でしたので、口先だけじゃなかったなと思いました。唯一引っかかったのは常時派遣という待遇ということですが…。

女性が多く、マネージャーも三割女性なので「居心地が悪い」とか話してる男性社員がいたんですが、だったらこの超男尊女卑国家日本で女性がどれだけ居心地悪いかちょっとは頭が働かないですかね…と思いました。

 

こういう女性差別が少ない(ゼロとはいいません)職場にいると前々回の記事にも書きましたが、男がうだうだ後付けの理由で屁理屈こねて男尊女卑を正当化するのはあほくさく思えてきます。

 

そして私は「女は感情的」と思ったことは一度もないんですよね。

だってすぐ感情的になってヒステリー起こして暴力事件起こすのは男だし、でも男同士で争っていて女が止めると「女が口出すな!」「男の喧嘩だ!」って男尊女卑発言をぶつけられるんですよね。だから「男は感情的」とならない。

あほくせー

 

反吐の掃き溜め

 

私のこのブログは反吐の掃き溜めなので、読みやすさとかそんなものは考えていません。