どうにか生きています。

反吐をぶちまけます。最近筋トレ始めました。

ただしイケメンに限るとか被害者面したがる男うっとおしい

 

蒼井優山里亮太の結婚を見ても解る通り、男は外見で判断されないけど女性は外見で判断される。男は女を外見で判断するけど、女は男を外見で判断しない。

全然「ただしイケメンに限る」ではないのに、女性は容姿差別年齢差別さらされて虐められて職場を追われたりして苦しんでいるのに男は被害者面している。

 

それより「ただし若い美女に限る」と女性たちは小さい頃から教え込まされて過ごしているわけだが。女性は容姿差別年齢差別にさらされても真剣に怒れない空気があるのに、男はちょっと「イケメン」とか言われただけで「外見で判断する女は醜い!」とウギャーとヒステリー起こしているよな。

男は女をどこまでも容姿差別年齢差別していても「男ならしょうがない」と許す空気があるよな。

そもそも男が女を外見で判断するなら、父親のブサメン遺伝子が娘に遺伝したらどうするんだって話で。男女ともに外見で判断するか、男女ともに外見で判断しないか、せめてどちらかにしろよ。

 

 

 

ちなみに「燃えよエコトピアン」本の感想を前にも書きましたが、俳優ダスティホフマンは「トッツィー」で女装した時も男たちの容姿差別に驚いてショックを受けたと書いてありますしね


実際男から女になった元男のオンライン記事でも「男性特権」の一つに容姿を品評されない事ってありましたしね。

 

実写アラジン私はいまいちのれないのは、アラジン「中身を見てほしい」とか言ってる割にジャスミンを「美人」と表現しているんですよね。アラジンは外見込で判断するんですねーと思いました。そこがのれない。

 

男の容姿差別は本当に酷い。私の知人なんか電車で通勤中に「お前みたいなブスが一緒に車両にいるのがむかつく」とか言って男から殴られましたしね。他の男も止めるどころか喝采を浴びせていましたし。男に同じことする女なんていねーだろ。

「外見で判断する男は醜い!」とか言われたら、賛同するの?どうせ男の事だから「男が女を外見で判断するのは当然だ!」とふんぞり返るんでしょうけど

 

男は女に対する年齢差別も酷いよな。「イギリス人はしたたか」という本でイギリス在住の日本人と話をしたら

「30過ぎた女は女じゃない。化け物だっていわれたんです。だからこんな国出てってやるって思い切ってでたんです。結婚するなら優しいイギリス男がいいです。高尾さん(作者の名前)はまた結婚はしますか?結婚するとしても日本の男は嫌でしょう」

と話をしたと書いてありまして、女が男に同じこと言うか?

 

こういう男の容姿差別年齢差別にはだんまりだし、平気で男は「整形しろ」って言うよな。じゃあお前が大金出せよって話だし、失敗して死ぬかもしれないし、激痛のダウンタイムに耐えなきゃいけないし、魔法のような効果は無いし、お手軽じゃないんだが。そもそもなんで男に気に入られるようにしなきゃいけないんだ?って話で。男が容姿差別年齢差別辞めればいいだろうがって話で。あと「親からもらった顔に…」とかいう輩と闘ってね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やる気が出ない

 
 
やる気が出ない。
この前カウンセリングに行ったけど、あんまり私が「どうしてもやる気が出ない」と言い続けていたのが原因なのか、私が生きる気力を無くしているからなのか「これからやりたい事を決めてから治療をしよう」という事になりました。
やりたい事といえば、前に書いた記事みたく減量して筋トレする事なんですが。
あるいは金があったらやりたい事といえば、世界旅行に行きたいですね~。でもこんな「やりたい事」で治療できるのか…。
勉強も賃金労働もやっても無駄というか、昔は野望があったんですけどねぇ。でも女に生まれた時点で野望は達成されないって決まってるじゃん。ツイッターでも女性差別が可視化されて手柄を男に横取りされたりして、やっても無駄だなぁ…と。
 
こういうのっていきなりじゃないんですよね。何回も積み重ね積み重ねで、ある日糸がプツッと切れるみたいに気力を無くす。
男って何しても悪く言われなくて楽でいいな、と。専業主夫(笑)になっても「男は結婚して仕事を辞めるから進学しても無駄」とか言われないですし。
何かもー白けちゃってるんですよね。すっかり醒めて。
女性も女性で男にゲロ甘なのがうんざりする。男は平気で「○○は男の物!女は出てけ!」「女が入ってきたら男の席が無くなる」とかいうくせに、女の分野にはズカズカ踏み込んで荒らして女の席はのっとる男はちやほや歓迎して接待したり。「多様性!」だの「ジェンダーフリー!」だの。
私の記憶が正しければ2005年とか男達がジェンダーフリー大バッシングでバックラッシュしていたんですけど。けど男の特になるとわかった途端「ジェンダーフリー!」(※ただし男のみ)とか言い出すんですね。はぁ?
女は相変わらず女らしさを押し付けられてるし、男を立ててだの要求されてるし、家事育児介護を押し付けられてるんですけどね。それには「ジェンダーフリー!しなくていい!」とは言わないんですね。
結局男だけがさらに得しまくって、女性差別が悪化してるだけじゃん。
 
 
私も人の事は言えない。私も「男も男らしさからの解放!」とかやっていたから。今は大反対ですけど。男は女性差別セクハラ性犯罪もなくさないで女の運動にタダ乗りしているだけだから、厚かましい。
フェミニズムにかかわって解った事は、男は大嫌いだという事と女性に対する失望です。

美しくなりたい

 

 

当面の目標は無駄な脂肪をそぎ落として、お腹を平らにする事なんですが最低でも目標まで約8キロ落とさないといけないんだけど、先は長い。

一時期の最高体重から第一段階の目標体重まで落としたんだけど、それでもお腹が出てるってどれだけ太っていたんだよと思いますわ。同時期に筋トレもしていますが、自己流なので効果出るのか微妙。パーソナルトレーナーにでも付き添ってもらえればいいんでしょうけど。

 

昔の私はオタク業界に金使っていて、元々オタク文化は女性中心だったのに男に乗っ取られて男尊女卑まみれのオタク文化に金使っていたくらいなら、その金でパーソナルトレーナーが居るジムで減量して筋トレして鍛えた身体を身に着けた方がよかったですわ。若い貴重な時期をデブな姿晒して勿体なかった。

人間は他人(特に女性)を外見で判断するし、自分も風呂場の鏡とかで太った身体を見ていると落ち込むので減量して筋肉つけたいなと思っています。

 

それに世の中の男尊女卑と女性の報われなさがツイッターやブログで可視化されてるので、勉強にやる気が出なくなっちゃったんですよね。「どうせ無駄じゃん…」みたいな。カウンセラーに行っても治療にやる気が出ないというか。だったら美しくなる為に減量や筋トレに時間を使った方がまだいいかなと。減量や筋トレは能力と見返りがほぼ同等というか。美しい身体を持つのは良いことですし。服も似合うようになりますし。

 

 

 

 

 

 

映画怒り 

 

見たけど、強○描写があってサバイバーとしてはうんざりさせられた。いや、悲劇として強○とか描かれすぎじゃない?正直日本男児だと悲劇と思って描いているのかも微妙ですし。

 

良かった所は強○される所をみても助けず楽しんでみていたという男が描かれて、現実の男を良く描いていました。被害にあった人の友人の男性は怖くて助けられなかったと言っていたけど、それはまだ美化してるなーと思いました。

 

あと身体を売る娘を心配して父が

 

「男は良いんだよ。ヤケになって女抱きまくってもヒモになっても世間は許してくれる。でも女は駄目だ。親父の俺がいくら闘っても損するのは愛子(※娘の名前)だ」

 

って台詞があってそれが秀逸でした。

 

 

 

実写アラジン見ました。

 

 

上映日に朝早く見に行きました。小学生の時にアラジン見て好きだったのです。

 

見たのは山ちゃんジーニーの為に吹き替えで。

実写オリジナルキャラで侍女のダリアが出てきましたが、私は別に何とも思わず大丈夫でした。GLも好きです。

 

実写化はジャスミンが国王になるために勉強していたり、最終的には国王になって法律を変えてアラジンと結婚する事になるなど、現代に合わせてアップデートされていました。

あとジーニーが歌うフレンドライクミーでも露出度の高い踊り子とかは出してこないし、冒頭で出てくる踊り子たちも露出度を抑えているのでそこも現代に合わせてアップデートされていたかなと思いました。

山ちゃんジーニーもウィルスミスジーニーもよかったです。

 

アニメからの細かい修正といえばジャスミンが「貴方の国は何処?」と地図を見せてきいたりとか、ジャファーがすぐアリ王子の正体に気付いたりとか。

実写だとそこは突っ込まれそうだもんなぁ。

 

 

 

 

女性が主人公な作品が少ない。そして男が付け上がるのも納得

 

気分転換にアニメや漫画を見たくても、どこもかしこも女性差別ばかり。少女漫画とか乙女ゲーBLゲームなど最初から女性向け作品ですら、女性差別を盛り込むからうんざりする。

 

幼稚園児の時から漫画好きで、ありとあらゆる漫画を読んでアニメを見てきたきた身としては女性が主人公でも女性キャラが「活躍」していてもあまり自己肯定がはぐくまれた事なかったんですよねー。

でもアニメや漫画じゃないけど、リブートしたゴーストバスターズやキャプテンマーベルを見て自己肯定がはぐくまれたので、男児や成人男達が作品から受け取っていたものはこれかと思いました。スーパーヒーローもののワンダーウーマンは…万能の美女が活躍してるってだけで、フェミニズムからしたらイマイチと思います。衣装の露出度も高いですし。

キャプテンマーベルはカジュアルな私服でヒーロースーツも露出度がほぼ皆無。リブートゴーストバスターズも主人公たちがさえない中年女性ですし、女性が人間として描かれている数少ない作品と思います。

あとはシンプソンズ制作スタッフが作成している「魔法が解けて」も面白いですし、主人公の王女ビーンが博打好きで酒好きという設定で、特にかわいいわけでもない女性が主人公というのも珍しいですが、自己肯定がはぐくまれているかというとイマイチ…。なんだろう。ビーンが人間として描かれているけど、王女という設定が理由かな?99%の人は王族に生まれませんもんね。

それを言うのなら、リブートゴーストバスターズが特権階級でもない冴えない女性たちが、幽霊対峙をするって事のほうがよほど自己肯定はぐくまれましたよ。12回見に行ったくらいですし。

女性が主人公でも男尊女卑アニメなのはうじゃうじゃありますしね。日本は特にそう。海外からすればウルトラ男尊女卑国家日本で「女性が活躍」している作品があると、母国の基準でしか物事考えていないからこの作者はフェミニストに違いないと勘違いする実例もあったり。

いや、だってみんな「女性が活躍」していたって若い美女や美少女ばっかやん。それで見ている女性たちの自己肯定がはぐくまれるのか?って思います。私は育まれていませんね。しつこいですけどリブートゴーストバスターズくらいですよ。伸び伸び余計なストレス無しに見れたの。もう三年は前かー…。

 

それを踏まえると、男児や成人男たちは伸び伸び自己肯定を育める作品があって羨ましいなって思います。というかありすぎるくらいありますよね。だったらこうやって無能なブサメンでもやたら自信満々なのも納得します。

だって少年漫画とか読んでいると正反対の行動をしても後付で理由くっつけて行動を美化されたり正当化されたり。言うことコロコロ変わって矛盾ばかりの男が生まれるのも納得。男は言うことコロコロ変えて自分の行動を正当化したり美化しますからね。

女と男はつくづく生きている世界が違う。

 

 

 

 

 

女の人生ってなんだろう

 

私の知人は小学生の時に何回も叔父に強姦されて子宮筋腫の手術して、中学生の時は進路相談で「女に学問は必要ない。女は身体売って稼げばいい」と父が発言し、教師も止めず、通勤してからは電車の中で「お前みたいなブスが一緒に乗ってるのがむかつく」とか言われて殴られて、そして病気になり来年まで持たないといわれて。

女の人生ってなんでしょうね。