どうにか生きています。

レズビアンで発達障害で性暴力サバイバーで男嫌い。反吐をぶちまけます。初めての人はカテゴリから「はじめに」をご覧ください。同居者は両親と猫達と犬

ブログを書こうと思うけど、書こうとなると書けなくなる

 

頭の中であれ書こうこれ書こうと思っていてるんですが、いざブログを前にすると浮かんでこなくなるというか。

 

コメントでブログ記事の内容が「不愉快」とのコメントが来ました。来るだろうなと思っていました。内容が内容ですし。でも私だって最初からこういう内容の事ばかり考えていたわけじゃないですよ。今まで積み重なった自分が見聞きしたり経験した女性たちの苦しみが抑えきれなくなって吹き出ているだけです。しかも毎日女性たちの苦しみはニュースで流れたり直接聞いたりしてさらに積み重なります。だから良くなる事はないんですよね。

 

でもこんなブログにも賛同してくださる人が何人も居てくださって嬉しいです。

私は自分が男を批判する時は絶対「そうじゃない男も居る!」とか「まともな男も居ますが~」という事は書かないと自分で決めていました。私が散々女はすぐ一括りにされるのに、男は男からも女からも「そうじゃない男も居る!」「まともな男に失礼!」と言われるのにうんざりしていたので。

 

私は徹頭徹尾女性のためにというのをモットーにしています。だって世の中男が男というだけで優遇されて甘やかされているんだから、女が女のために動いて何が悪いというか。私が財力をもっていたらシングルマザー支援とかバンバンするのに。

 

 

 

 

 

 

 

女性は優しいなぁと思います。

 

だって女性に優しさがなかったら、男なんてとっくに殺されてない?

殺されるくらいの事してるじゃん。

 

そして小説家ヴァージニアウルフがいっていた

 

「女は男を二倍拡大してみせる心地よい魔力をもった鏡としての機能を果たしてきた。

もし女は真実を話せば男の姿はたちまち縮んでしまうだろう」

 

は真実だなと。

世の中男を美化しすぎなんですよね。漫画とかアニメとかゲームとかドラマとか映画とかみても「こんな男いねーよ」ってなるけど、まぁ現実の男を「そのまんま」描いたら救いようがない事になりますものね。でも漫画の男に影響されて現実の男もこうやってまともだと思い込む人が増えるという…。

 

 

こういう研究結果もありますし、メディアの影響って馬鹿に出来ないんですよね。

「男の実態」をさっさと描いた方が男を美化して過大評価して、交際したり結婚する女性も減ると思うんですが。

伊田広行という男性が、大学でジェンダーを教えていると必ず女子生徒から「男嫌いになった」「男不信になった」という感想をもらうと自分の本で書いてましたが、これも男の化けの皮が剥がしたパターン。そりゃあ古今東西男が女を虐げていたか教えるんですもの。化けの皮剥がれますよね。幼稚園児の頃から教えて女には男の化けの皮をはが

、男はもっと謙虚になるように教え込むべき。

それでも結婚したい、せざるをえない女性はいるだろうし。

私が教師だったら男がDNAらせん構造のフランクリンの話みたく女の手柄横取りした男の話とか実例を教え込むのにな。男は簡単に信用するなと願いを込めて。

 

そういえば私が高校の時「生きながら火に焼かれて」という本を現文の教師が紹介したのですが、女子校だったこともあってか生徒から「なんでそんな不当な扱いを女は受けなければいけないんだ!男は死ね!」という声が堂々とあがっていましたね。これも男の化けの皮が剥がれたパターン。もっとじゃんじゃん男の化けの皮をはがすべきですよ。

男女の助け合い(笑)なんかどうでもいいからさー、もっと男の化けの皮をはがして男を信用しないようにすべき。男も男の化けの皮ははがして謙虚にさせるべき。

古今東西の男がやってきた差別や迫害を考えたら、男なんて報復されてぶっ殺されてもおかしくないくらいのことやってるわ。

 

 

 でもジェンダーとかフェミニズムとか学べる女性はそれなりに幸運な立場なんですよね。というかジェンダーも最近男に簒奪されて乱用されてきてイラつく単語の一つになっています。というか酷い女性差別が世界中であるのにジェンダーとかぬるいカタカナ語で表現してほしくないんですが。はっきり女性差別や女性迫害と言え。

 

世界中の酷い女性差別をみていると、所詮男はフェミニズム教育を受けたって変わらないと思いますし、そんなの屁でもないんだろうな。男なんか腐りきってるし。

そんなのとかかわらないで女性だけで暮らしたほうがいいと思うんですが。でも女性だけで暮らしていると男が近づいて危害を加えるから、ほんと男って歩く公害で疫病神ですわ。

 

私、間違った事言ってる?

 

 

 

 

 

 

 

本日病院へ行ってきました。

 

 

父の付き添いで。

父が休みを調節して付き添ってくださって、ありがたいです。

今日はカウンセラーを新しい人を紹介してもらいました。女の人です。

男のカウンセラーは嫌だったので、ありがたいです。

それに男のカウンセラーに大金支払いたくないんですよね。男が原因でカウンセラーに通ってるのになんで男のカウンセラーにお金払わないといけないんだか。嫌です。

 

今日は医者に先に進んだ事を話せてよかったです。

 

 

 

 

女の分野の植民地化じゃん

 

 

 

こういうの見てると、だるい。

 

だるくない?

男は女たちが散々「不衛生」だの「料理は出来るのか?」とかネイルしているの馬鹿にしておきながら、ネイルが定着した途端に男がシャリシャリ出てくるとか。

それを「男女関係なく楽しもう」とか甘やかす女もウザい。

数年前の私なら「男女関係ないよね!キャハッ☆」とか思っていたけど、今となっては男は散々「○○は男のもの!女は出てけ!」とか言いながら女の分野には「男女関係ないよね!」とか言いながらズカズカ踏み込んで荒らして乗っ取るから男は厚かましい、としか思えんわ。

医大の女子一律減点されてる女を差し置いて、たかだかネイルくらいで女からヨチヨチ

されてる男がうらやましいわ。

それに男に生まれただけで高下駄はかされて優遇されてる男が女の分野に来た所で謙虚になるわけないよ。マウントとったり乗っ取るのは古今東西の実例が証明している。

これで男のネイリスト(笑)や男のネイル好き(笑)にセクハラや女性差別をされる女性が増えるんだろうなー、勘弁してくれよ。ただでさえ接客業は男の従業員や男の客からのセクハラや女性差別が問題になってるのに、女の分野にズカズカ踏み込んでこないでくれよ。

なんか最近ドナルド・トランプを支持する人の気持ちがわかるようになってきたわ。こうやって「ジェンダーフリー!」とかいって女の分野に男を増やして性犯罪やセクハラや女性差別を増長させるような動きをみたら支持したくもなる。

 

この記事もそうだけどさー。

 

>>くっだらないジェンダー規範の駄法螺なんて、こうやってさっさとぶっ壊しちまおうぜ。

 

うぜぇ。

 

女が世界中でろくな教育も受けられず、低賃金で働かせられてその低賃金の金を男に搾取されたり強姦されたり暴力振るわれたり殺されたり自殺に追い込まれてるのに、たかだかマニキュア塗れないだけでヨチヨチこうやって慰められてほんと男様はお気楽ねー。

ブログ主のみやきちとやらも「くっだらないジェンダー規範の駄法螺なんて、こうやってさっさとぶっ壊しちまおうぜ」とかいってるけど、男は

 

「女は化粧もおしゃれもしなくていいよ。家事育児介護もしなくていいよ。くっだらないジェンダー規範の駄法螺なんて、こうやってさっさとぶっ壊しちまおうぜ」

 

とは言わないのにな。

だからもう最近ジェンダージェンダーフリーって聞いただけで虫唾が走る。結局男のものに簒奪されているし。男体持ちだけが余計に得しているだけじゃん。女が男の分野(とされてるもの)に興味持ったら男は「男女関係ないよ!一緒に楽しもう!」とは言わないくせに。マジでなんなの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男と関わらない方が女は平和では?

 

 

私も今仲がいい家族と実家暮らしですが、男とかかわるよりも一人暮らしか実家が仲が良かったら実家暮らしの方が平和にくらせるんじゃないかと。

だって身近な例や古今東西の実例をみても女は男とかかわったほうが悲惨な結果を招いていますし。

エミールデュルケム「自殺論」でも女は結婚した方が自殺率が上がると書いていますし。

他人の書いたブログですがこちらで引用されています。

 

>>結婚生活は,女子が自分の運命を耐えがたく感じたときでも,その運命を変更することを禁じている。したがって,その規制(一夫一婦制,筆者注)は,女子にとっては,これといった有利さも与えられない一つの拷問なのだ」(宮島喬訳『自殺論』中公文庫,1985年,339~340頁)

 

結婚していなくても、同棲で男に寄生されてる女性も多くいるし、同棲していなくても男に金たかられて寄生されて暴力振るわれている女性もうようよいるし、私の総合結論としては男とか一切関わり合いにならず、交際せず、実家から出ず、妊娠出産せずにいるのが男に搾取されない生き方では?

 

 世界中男はどんなに女性差別が激しくても賃金格差が酷くても女の給料が低くても女に金を寄生したり暴力振るって奪うんだなって思いました。

 

 

 

 

 

さがせば「まともな男」とやらはいるかもしれないけど特に男女平等指数114位の日本では「まともな男」はツチノコレベルだし、 わざわざ自分が加害されてまで「まともな男」を探すメリットとは…?って思うんですが。

私の父がそのまともなツチノコレベルの男ですが、女ならうようよいるレベルで「まともな男」ってちやほやされてるのもなぁって思います。

日本は女が一人じゃ生きていけない国というのは解りますよ。だからそれ以外で経済力がある人がなんで男と交際して寄生されて暴力振るわれる道を選ぶのか。私の友人の事ですが。

その友人も結婚同棲も女が不利と解っていて男と同棲しているんですよね。そこまでわかってるなら、なぜ同棲すると思うんですが。一度でも同棲したらなかなか関係を切るのが難しいじゃないですか。なんか最近男を見ると貧乏神で疫病神にしか見えません。

女は女同士で同居したり交際したほうがまだ平和に暮らせると思うんですけどね~。

私だってレズビアンですから女同士でも浮気、束縛、暴力があるのは知っていますよ。女同士でもそうなら、男女だったらこんな男尊女卑の世の中普通に存在するにきまってるじゃないですか。

世の中女同士、男同士でくっついた方が平和だと思うんですけどね。

 

 

数日ベッドに沈んでいました。

 

 

天候が悪かったのと積み重なった気分の悪さの影響で動けずに数日ベッドに沈んでいました。

ほとんど動けず横になっていました。起きれたのはお手洗いくらいで風呂にも入れませんでした。

 

もうこんなことしてる余裕のある年齢じゃないんだけど、体調の悪さには勝てません。

映画42をみました。

 

 

 

初めて黒人(有色)でメジャーリーガーになった男性の実話を元にしたお話。

 

感想は話は面白かったけど数年前の私なら感動していましたが、今の私は感動しませんでした。人種差別に反対しておきながら、女性差別はする男なんて珍しくないし、むしろその方が普通。だからこういう人種差別を題材にした映画をみてもしらけちゃうというか。どうせ女性差別はするんだろ?って思ってしまって。

実際ジャッキーロビンソンの自伝を読んでも女性差別には鈍感みたいでしたし。もし白人や黒人女性が野球をやりたいっていったら、白人男性と黒人男性が結託して、女性を追い出していたと思いますよ。

 

それなのになぜ私が見たかというと、人種差別あるあるは女性差別あるあるだからです。